第73回日本栄養・食糧学会大会トピックス演題選出

2019.05.08

 本学人間学部健康栄養学科の大久保剛准教授が参画している、久保佳範先生(女子栄養大学)ご発表の「妊娠母体及び臍帯血の葉酸及びメチオニン代謝関連物質の包括的評価」が学会のトピックス演題に選出されました。トピックス演題は、大会にエントリーされた研究報告の中で特に注目される研究が選出されます。

 本研究は、DOHaDDevelopmental Origins of Health and Disease)研究の一環として初めて日本人の妊婦を対象にした葉酸及びメチオニン代謝を検証しています。
 詳しくは、5月17日から開催される大会(場所:静岡県立大学)で発表されます。

大会HP
 http://kinki-convention.jp/jsnfs2019/