学部・学科案内

人間学部 共通科目

カリキュラム体系図

人間学部では、人間に学び、人間を理解するための基礎的な科目を共通科目と位置づけて、「人間・宗教・芸術」を中心に科目群を形成しています。さまざまな共通科目をしっかり学ぶことによって、時代を見据える深い教養を身につけることができます。

人間に学び、人間を理解する

「人間学部」は、そのための基礎的な科目を共通科目として位置づけています。また、時代の状況を見据えて現代を生きて行くために必要な、深い教養をこの共通科目から学びます。
「言語表現」「現代社会・生活」「情報・統計」「自然・身体・健康」の4つの科目群で成り立っています。これらの科目群は、人間・宗教・芸術に関する科目を中心として相互に結びつき、各学科・専攻の専門研究の基礎的枠組みをにない、人間全体を探求するための、総合的な視点を与える役割を果たしています。

カリキュラムマップ

人間学部では、ディプロマポリシーを実現するためのカリキュラムマップを作成し、履修指導や授業の運営に活用しています。

カリキュラムマップはこちら

科目ナンバリングはこちら

科目紹介

多くの共通科目を学ぶことによって広がりのある研究が可能となります。その豊富な共通科目の一部を紹介します。

キリスト教学

聖書とイエス・キリストについての理解を通して、人間が生きるとはどういうことなのかを考えていきます。

外国語

英語だけでなくフランス語、ドイツ語、スペイン語、韓国語、中国語を基礎から学ぶことができます。

心理学

知覚や認知、パーソナリティなどの問題を取り上げながら、新しい自分を発見していきます。

健康科学

健康全般について幅広い知識を医科学的なアプローチから体系的に学習します。

情報科学

コンピュータと情報通信の基礎を学ぶとともに、アプリケーションソフトの操作法や情報科学の概念を学習します。

キャリア・デザイン

就職だけでなく自分の人生の方向をみつめ、切り開いていくことについて考えていきます。

履修の流れ

大学のカリキュラムは共通科目と専門科目とに大別されます。
学生は、必修科目以外に、豊富な選択科目のなかから興味・関心ある授業を履修します。
下記は共通科目のリストです。

人間・宗教・芸術 ●キリスト教学  ●人間論  ●哲学  ●芸術論  ●論理学  ●生命倫理学  ●東洋哲学
●宗教と文学・音楽・美術  ●心理学  ●人間と文学  ●人間と文化
言語表現 ●オーラル・コミュニケーション  ●日本語表現  ●英語  ●仏語  ●独語  ●スペイン語
●中国語  ●韓国語
現代社会・生活 ●生活と経済・環境・国際関係  ●地域文化論  ●ジェンダー論  ●法学  ●日本国憲法
●外国史  ●日本史  ●社会福祉学  ●キャリア・デザイン
情報・統計 ●情報科学  ●統計基礎  ●情報処理  ●情報処理概論
自然・身体・健康 ●健康科学  ●生命科学  ●健康とスポーツ  ●生活と科学  ●数の世界

※学科・専攻および取得する資格によって履修要件は異なります。