学部・学科案内

グローバルスタディーズ学科

グローバル・スタディーズ学科

グローバルな現代世界で活躍するためには、その起源と特徴、構造と問題点、地域社会に対する影響力を理解しながら、同時に、そこで生き抜くための実践的力、問題解決のための発想力と行動力を身につけなければなりません。「グローバルな知性」と「グローバルな行動力」を両立させてバランスよく身につけることが教育目標なのです。

学科長メッセージ

外国語の学びを通して、外国文化に親しもう!

グローバル・スタディーズ科長の写真 学科長 砂澤 健治

世界はいま、ひとつの国家や地域を越えてひろがる様々な問題に直面しています。グローバル・スタディーズ学科は、国際社会で社会人・職業人として活躍するために必要な、グローバルな知性と感性をもった学生を育てることを目標にかかげました。

その実現のために、まず、「外国語」のカリキュラムを充実させました。必須とされる英語に関しては、一般的大学の英文科に相当する数の英語科目を設置しています。第二外国語として韓国語、中国語、フランス語、スペイン語、ドイツ語を学ぶことできます。このうち韓国語と中国語には特に重点がおかれ、週2回の授業を行います。

グローバルな感覚を育てる最良の方法は、異文化体験をもつことです。そこで本学科では、(a)留学しやすいシステムを整え、留学前・留学中・留学後に細やかなケアを行っています。留学体験がキャリア形成に役立つことは言うまでもありません。(詳細は「国際交流」を参照ください)。また、(b)「異文化体験」という選択必修の研修科目を設けています。これはアジアの歴史・文化・社会・現代事情に触れることを目的としたもので、これまで台湾や韓国、フィリピン、香港などで研修を行ってきました。さらに、(c)「グローバル・スタディーズ現地実習」によって英語圏で研修を行います。アメリカ西海岸を中心にオーストラリアやカナダで実施されてきました。(b)(c)のどれかの研修を履修することによって、一人一回10万円の補助を受けることができます。

本学科カリキュラムの特徴のひとつは、グローバルな学問的「教養」と社会的「実践力」との調和を目指していることです。学問的教養とは、グローバル社会の制度・仕組み、世界の文化や宗教、思想、芸術、さらに日本の歴史や伝統に関わる内容を指しています。また、社会的実践力とは、社会で求められる技術・技能、マナー、さらには資格に関わる内容です。グローバル・スタディーズ学科は、4年間のうちに教養と実践力とを兼ね備えて社会に飛び出してもらいたいと願っています。

学科の特徴

特徴1協定校の数が充実しているので、留学のチャンスが数多く開かれています。

留学を希望する学生が、それぞれの興味・専門分野に応じた留学を実現できるよう、欧米・アジアを中心に、提携校は8ヵ国16校にのぼります。

特徴2インターンシップや海外で実施される語学実習などに参加することができます。

「ビジネス・インターンシップ」や「NPO・NGO・社会教育インターンシップ」、海外での「日本語教育実習」といった体験学習が豊富です。

特徴3英語、韓国語、中国語をマンツーマンで学習することができます。

外国語運用力を強化するために「ランゲージ・カフェ」が設置され、英語、韓国語、中国語をマンツーマンで練習することができます。

ゼミの紹介

《加藤ゼミ》 グローバル時代の異文化理解と共生~ 「成長できるゼミ」をめざします

「生きる意味」「幸福」など、人間の根本的な問いについてゼミ仲間と語り合う体験は、将来、社会人になっても必ず財産になります。加藤ゼミでは3・4年生で、討論やプレゼン発表、フィールドワーク調査、卒論指導などを通して、グローバル化する世界の光と影に目を向け、地球市民としての生き方を考え、よりよい世界を創造するために社会の中で私は何ができるのか、各自の人生のビジョンを明確にできるように支援します。

理念・方針

教育研究上の目的

グローバル・スタディーズ学科は、本学の教育理念であるキリスト教の愛の教えに基づき、世界のさまざまな国や地域の歴史・文化・人々に対する知識と理解を求め、平和で国際的な共生社会を築くことに貢献できる人材の育成を目的とする。

「グローバルな知性」を身につけるために

グローバル社会を理解する多角的な教養・知識を獲得するために、下記の3つのスタディコース(学びの重点)が用意されています。スタディコースの確定は2年次に行われるものですが、それぞれの学生は、入学と同時に自分の関心に応じてどれか一つを選択し、その領域を重点的に学びます。ただし、学科内で開講されている科目はどのスタディコースに属していても履修することができるものです。

3つのスタディコース

イングリッシュ インテンシブ・スタディコース

英語の運用力を高めるために英語学習に重点をおいたコースで、TOEIC600点相当以上をとることが期待されます。英語圏への長期・短期の留学が推奨されます。英語教員など、英語を使った仕事をめざす人に向いています。

グローバル文化・スタディコース

東アジアの言語と文化を学ぶことに重点をおいたコースです。特に中国語と韓国語、日本の文化・社会に関する学びが多くなります。韓国・台湾・中国への留学が推奨されます。日本語教師をめざす人に向いています。

共生社会・スタディコース

現代の様々な問題を探求しながら、グローバル市民として平和な共生社会を築くための実践的な学びを行います。家族や女性、多文化共生やインバウンドなどのテーマについて、フィールドワークを通じて掘り下げます。社会教育士や社会の教職免許を取得することも可能です。