学部・学科案内

人間発達学科 Department of Human Developmental Science 人間の生涯をトータルに眺める広い視点を養う

人間発達学科

子どもの未来を、子どもと向き合い、子どもの立場から考えたい人のための人間発達学

学科長メッセージ

学科長 横尾 元意

人間発達学科は、人間の発達の中で特に乳幼児期・児童期の子どもの保育・教育が極めて重要な役割を果たしているととらえ、その時期の子どもの発達を理解し援助できる保育士、幼稚園教諭、小学校教諭を養成することを目的とする学科です。2年次に、初等教育コースと幼児教育コースのいずれかを選択してそれぞれの資格の取得をめざします。初等教育コースでは幼稚園と小学校の教員免許を、幼児教育コースでは保育士資格と幼稚園の教員免許を取得することができるようになっています。
人間発達学科の第一の特徴は、1年生の時から保育・教育の現場に出かけ、実際に子どもと触れ合う機会を設けている点です。姉妹校である仙台白百合学園幼稚園・小学校だけでなく、複数の保育・教育現場の体験を通して、実践的指導力のある保育士、幼稚園教諭、小学校教諭を育てています。
第二の特徴は、保育・教育の現場の新しいニーズに対応できるカリキュラムを設けている点です。例えば、近年幼稚園や小学校で子どもの英語教育が実施されています。これに対応するため、資格科目の他に児童英語の科目を設置して、的確な英語指導ができるようにしています。さらに、保育所(園)や幼稚園と小学校の環境の格差が原因とされる「小一プロブレム」といわれる子どもの問題行動現象があります。こうした問題に対応できるように子ども理解のための心理学関係の科目を設けて、幼児教育と小学校教育の接続・連携の視野を持つ保育・教育者を育てます。
第三の特徴は、きめ細やかな指導体制できめ細やかな指導のできる保育・教育者を育てます。例えば、1年生の必修科目で「大学入門ゼミ」や「子ども総合セミナー」では、10人未満の少人数のゼミを通して大学4年間の学びの基礎や保育・教育者に必要な心構えや態度を学びます。またクラスアドバイザー・ゼミ教員を中心に学科教員全員で年次ごとの実習や就職・教員採用試験の支援、さらに、学生の様々な相談にも対応ていします。
子どもが好きで、子どもの成長・発達にかかわる仕事がしたいという意欲にあふれる方の期待に十分こたえることのできる学科が、人間発達学科です。

たしかな子ども理解にもとづいた教育・保育のエキスパートを養う。

人間は、生涯にわたって学び続ける動物だといわれています。そして、その基盤形成には、乳幼児期・児童期の教育・保育がきわめて重要な役割を果たしています。人間発達学科では、人間の発達を、乳幼児期・児童期の子どもの教育・保育に焦点をあてて学ぶことができます。また人間発達学科には、教育学や保育学の専門家だけでなく英語領域の専門家もおり、幼児・児童に対する英語教育について、英語が苦手な方にも自然に学習できるようになっています。こうした学科・専攻の特色が、初等教育コース、幼児教育コースのいずれのカリキュラムにも反映されています。あなたも、人間発達学科での4年間の学びをとおして、たしかな子ども理解にもとづく実践力を備えた小学校教諭、幼稚園教諭、そして保育士を目指してみませんか。そして、子どもの未来を子どもと向き合って、子どもの立場から考えていきましょう。

理念・方針

教育研究上の目的

人間発達学科は、本学の教育理念であるキリスト教の愛の教えに基づき、心理学・教育学・社会学等からのアプローチによって乳幼児期から老年期に至る人間の発達を探究し、他者を理解・支援・援助する能力と知識を持つ、社会に貢献する人材を育成することを目的とする。

子ども発達専攻 Major in Child Development

人間発達学科子ども発達専攻では、1年次に大学の共通科目のほか、学科・専攻の必修科目として、大学で4年間学んでいくための基本的な技法を身につける「大学入門ゼミ」、子どもと教育・保育についての学びをとおして、自ら調べ、考え、そして表現する力を養う「子ども総合セミナー」を少人数クラスで実施します。そして、これら1年次に学んだことをベースに2年次から初等教育コースと幼児教育コースに分かれて、子どもの教育・保育に関する幅広い専門知識・技能を身につけながら、それぞれの資格取得を目指します。

初等教育コース

小学校:1年次から教育現場で学びます。

人間発達学科子ども発達専攻初等教育コースは、児童期の子どもを主な研究対象として、今小学校教諭に求められている資質を身につけながら、小学校教諭一種免許状を取得することを目指すコースです。少子化が進み、社会や子どもたちの成長する環境も大きく変化するなかで、現在の小学校教育では子どもたちへのきめ細やかな指導が必要とされています。そこで、本コースでは心理学や発達関係の科目を充実させることで、より深い子ども理解のあり方を学びます。また、教育現場を理解するために1年次から小学校に出かける機会も準備しています。初等教科教育法のみならず、小学校授業実践演習、小学校授業研究演習など学科独自の科目を設け、教育現場と大学の間での往還的な学習をとおして、即戦力となる小学校教諭を育てます。

幼児教育コース

保育所・幼稚園:即戦力となる保育者を養成します。

人間発達学科子ども発達専攻幼児教育コースは、乳幼児期の子どもを主な対象として、子どもの立場にたって保育にあたることのできる保育者を育てることを目指しています。乳幼児期の子どもを保育していくには、子どもの発達の理解が重要になります。本コースでは、発達心理学や発達障害論などの科目をとおして、子どもの発達を多面的にとらえることのできる力を養います。また1年次の段階から実際に幼稚園や保育所に出かけて子どもたちとふれ合う機会を設け、保育現場に根ざした実践力のある保育者を育てます。子どもの気持ちをふまえた保育実践ができるよう、模擬保育を実施しています。本コースでは、保育士資格と幼稚園教諭一種免許状を取得することができます。