学部・学科案内

健康栄養学科

健康栄養学科

カリキュラム・科目

カリキュラムポリシー

1.
本学の理念に基づく幅広い知識と専門的な学修のための基盤となる素養を育成するための共通教育科目を置き、健康と栄養を主軸とした人間の理解や支援に関する専門科目を有機的に関連させたカリキュラムを提供する。
1)
共通教育科目では、本学の理念であるキリスト教の教えを学ぶキリスト教学・人間論、国際化のための諸外国語、初年次教育科目として日本語表現及び情報処理、キャリア教育科目としてのキャリア・デザインを置く。健康とスポーツおよび人文・社会・自然科学の各指定科目に関しては必修とし、専門科目履修への基礎作りとする。外国語には一般教養の英語の他に発展的に「食と健康の英語」を置く。
2)
学科では、初年次教育科目として「管理栄養基礎演習」や「健康栄養論」をおき、専門教育への導入を行う。キャリア教育科目および資格取得対策として「総合演習」「管理栄養演習」等を置き、専門教育との連携を図り、また健康栄養研究法(演習)や卒業研究を置き、専門分野での課題に関する問題解決力と研究力を養う。
2.
専門科目には、1)専門基礎分野、2)専門分野、3)その他資格に関する科目を置き、管理栄養士の養成をはじめ、食の専門家としての知識や技能を修得することを目的としたカリキュラムを提供する。まず、1、2年生においては管理栄養士として必要な基本的な科目である「専門基礎分野」および専門分野の給食経営管理について学ぶ。これらの科目については、3~4年次にかけて発展的内容が配置される。3、4年生においては、主に「専門分野」の科目で、管理栄養士として必要な倫理観や知識と技能、また学外の現場における実習をとおして自覚と実践力を身につける。
1)
専門基礎分野では、社会および環境と健康の関わり、人体の構造と機能および疾病の成り立ちおよび食べ物と健康について学ぶ。
2)
専門分野では、基礎栄養学、応用栄養学、栄養教育論、公衆栄養学および給食経営管理について学び、臨地(学外)実習にて管理栄養士としての実践力を身につける。総合演習はこれらの科目を横断的に関連づけて理解する。
3)
その他の科目では、栄養教諭、健康やスポーツのための運動実践、食品衛生管理者および食品衛生監視員、フードスペシャリストの各資格取得に必要な専門的な知識や技能を系統的に学ぶ。

カリキュラム体系図

健康栄養学科では、「健康づくりの専門職」としての管理栄養士に要求される広い知識と実践技能を修得できるような、系統立ったカリキュラム編成になっています。

カリキュラム体系図

人と「食」との関わりを追求する健康栄養学科では、「社会・環境と健康」「人体の構造と機能、疾病の成り立ち」「食べ物と健康」を専門基礎分野とし、専門分野は「基礎栄養学」「応用栄養学」「栄養教育論」「臨床栄養学」「公衆栄養学」「給食経営管理論」から成るカリキュラム構成となっています。専門基礎分野の科目を履修することにより、人の健康と栄養を理解することができます。さらに専門分野の科目を履修することにより、乳児から高齢者までのライフサイクルに応じた栄養指導・教育、病人に対する栄養管理方法を習得できます。

科目紹介

多くの専門科目を学ぶことによって広がりのある研究が可能となります。その豊富な専門科目の一部を紹介します。

解剖生理学

生命は体内で物質代謝を行い内部環境を整えています。この人体の生命活動の解明を、解剖学で構造、生理学で機能を学びます。

臨床栄養学

疾病時における内部環境、代謝の変化などの病態を理解し、疾病の予防、治癒向上のための栄養管理法について学びます。

基礎栄養学

栄養素の消化・吸収の仕組み、および栄養素のエネルギーや体構成成分への変化等について学びます。

公衆栄養学

地域における保健・医療・福祉・介護システムの栄養関連サービスに関するプログラムの作成・実施・評価をマネジメントする方法を学びます。

栄養教育論

栄養教育の必要性とその方法について学びます。ライフステージ別に、栄養教育の実践活動も取り上げながら進めていきます。

給食経営管理

特定給食施設が、効率的に給食業務の管理運営を実施するための栄養管理や衛生管理等について学習します。

卒業認定・学位授与に関する方針

所定の単位を修め、以下のような能力を身につけた学生は卒業が認定される。

(1)
専門職として適切な態度、論理やコミュニケーション力を備え、真摯な姿勢を身につけている。
(2)
管理栄養士国家試験を受験し、合格できる十分な知識と能力を身につけている。
(3)
個人または集団のよりよい健康状態の実現を目的として、指導・教育できる専門知識とスキルを展開し、社会に貢献できる能力を身につけている。