学部・学科案内

健康栄養学科

健康栄養学科

カリキュラム・科目

カリキュラムポリシー

(1)
基礎教育分野の科目を通して専門を学ぶための基礎を養い、導入科目を通して管理栄養士への動機づけを行う。
(2)
専門基礎科目分野を通して専門知識の基礎を養う。
(3)
専門科目分野を通して、管理栄養士がかかわる多様かつ深い専門の知識と技能を学ぶ。
(4)
選択科目で、将来のキャリアを視野に入れた、より高度な専門能力の育成を目ざす。

カリキュラム体系図

健康栄養学科では、「健康づくりの専門職」としての管理栄養士に要求される広い知識と実践技能を修得できるような、系統立ったカリキュラム編成になっています。

カリキュラム体系図

人と「食」との関わりを追求する健康栄養学科では、「社会・環境と健康」「人体の構造と機能、疾病の成り立ち」「食べ物と健康」を専門基礎分野とし、専門分野は「基礎栄養学」「応用栄養学」「栄養教育論」「臨床栄養学」「公衆栄養学」「給食経営管理論」から成るカリキュラム構成となっています。専門基礎分野の科目を履修することにより、人の健康と栄養を理解することができます。さらに専門分野の科目を履修することにより、乳児から高齢者までのライフサイクルに応じた栄養指導・教育、病人に対する栄養管理方法を習得できます。

科目紹介

多くの専門科目を学ぶことによって広がりのある研究が可能となります。その豊富な専門科目の一部を紹介します。

解剖生理学

生命は体内で物質代謝を行い内部環境を整えています。この人体の生命活動の解明を、解剖学で構造、生理学で機能を学びます。

臨床栄養学

疾病時における内部環境、代謝の変化などの病態を理解し、疾病の予防、治癒向上のための栄養管理法について学びます。

基礎栄養学

栄養素の消化・吸収の仕組み、および栄養素のエネルギーや体構成成分への変化等について学びます。

公衆栄養学

地域における保健・医療・福祉・介護システムの栄養関連サービスに関するプログラムの作成・実施・評価をマネジメントする方法を学びます。

栄養教育論

栄養教育の必要性とその方法について学びます。ライフステージ別に、栄養教育の実践活動も取り上げながら進めていきます。

給食経営管理

特定給食施設が、効率的に給食業務の管理運営を実施するための栄養管理や衛生管理等について学習します。

卒業認定・学位授与に関する方針

所定の単位を修め、以下のような能力を身につけた学生は卒業が認定される。

(1)
専門職として適切な態度、論理やコミュニケーション力を備え、真摯な姿勢を身につけている。
(2)
管理栄養士国家試験を受験し、合格できる十分な知識と能力を身につけている。
(3)
個人または集団のよりよい健康状態の実現を目的として、指導・教育できる専門知識とスキルを展開し、社会に貢献できる能力を身につけている。