学部・学科案内

健康栄養学科

健康栄養学科

健康に暮らすことの基本は「食」。
心と身体の健康を維持するために、正しい食生活のための専門知識が求められています。

学科長メッセージ

健康栄養学科長の写真 学科長 宮下 ひろみ

戦後、国民の栄養欠乏の改善をはかるべく、医師と調理師をつなぐ栄養の専門家として発足した栄養士の職種は、現在国家資格として認められています。今や、栄養士が担う課題は、健康と保健に関する国の政策の課題でもあり、糖尿病をはじめとした生活習慣病の予防、健康寿命の伸延等に寄与することが求められています。
食育基本法の制定、特定保健指導の実施、介護における栄養ケアマネジメント加算等に伴い、ますます管理栄養士の活躍する場は広がっています。

健康栄養学科では、自ら学ぶ姿勢を大切にし、栄養と健康に関する高い専門知識と技術、指導力を養い、栄養の現場で問題解決能力を備えた管理栄養士となることを目標としています。難関な管理栄養士国家試験へのサポートも充実させ、卒業後の活躍の場へのパスポートとして全員の取得を目指します。人の健康に寄り添い、豊かな暮らしの支えとなるよう、求める人すべてに的確に対応できる謙虚で力のある、忍耐強く前向き志向を忘れない管理栄養士として、病院、福祉施設、学校、行政、食品企業等で活躍できる人材の育成に努めます。

栄養学の対象はモノやコトにも及びますが、基本は人間が対象です。人間学部に位置づけられた管理栄養士養成は本学科の特質です。入学後の4年間という貴重な時間を人を良くする「食」と健康の関係について仲間とともに学び、豊かな人間関係を育て、惜しみない努力で自分を磨き、輝いてください。

人間の健康と栄養のあり方を研究し科学的・論理的に実践

「食」は人間が生きていくうえで欠かすことのできない最も大切な要素です。「食」は人の健康寿命に大きく影響することが科学的に明らかにされ、「食」の正しい知識と確かな技術が求められるようになってきました。ライフスタイルの多様化により、食生活が急激に変化している現代社会において、人びとの正しい食生活を指導できる人材の育成が期待されているのです。健康栄養学科では、人間の健康と栄養のあり方を広い視野から探求し、科学的かつ論理的に捉える能力と実践する能力を身に付けると共に、社会に貢献できる豊かな人間性と高度な専門性を兼ね備えた「食」の専門家を養成することを目的としています。

理念・方針

教育研究上の目的

健康栄養学科は、本学の教育理念であるキリスト教の愛の教えに基づき、人間の健康と栄養のあり方を広い視野から探究し、科学的且つ論理的に捉える能力と実践する能力を身に付けると共に、社会に貢献できる豊かな人間性と高度な専門性を兼ね備えた「食」の専門家を育成することを目的とする。

管理栄養専攻 Major in Nutrition Management



私たちの周りには多様な食品があふれています。簡略化された現代の食スタイルは、偏食に陥りやすい食環境をも作りだしてしまいました。肥満や糖尿病、動脈硬化といった生活習慣病の増加は飽食の時代の産物と言えるのではないでしょうか。子どもたちの偏った食生活を正すには食教育が大切です。高齢社会を迎える中で、人びとの健康志向がますます強まることでしょう。乳幼児期から老年期に至るまで、人のライフステージに応じた適切な食教育を行い、正しい食習慣を身につけることが、これからの日本人の健康寿命を維持するうえで重要です。このように栄養士への社会的ニーズは年々多様化しています。
管理栄養専攻を卒業すると栄養士の資格を取得できます。さらに、管理栄養士の養成施設に指定されていますので、卒業と同時に管理栄養士国家試験受験資格を取得できます。本学のカリキュラムで学び管理栄養士の資格を取得すると、医療機関、社会福祉施設、学校教育現場、行政機関など、幅広く活躍の場を広げることができます。
より高度な専門家として、管理栄養士にもますます期待が高まっています。人の健康や生命に関わる専門家として、知識と技術を磨きキャリアを積んでほしいと願っています。