学部・学科案内

人間学部 学部長あいさつ

学部長あいさつ

仙台白百合女子大学・人間学部の学び

学部長 写真 学部長 槇石 多希子

 人間学部は、自ら学び、考え、行動し、多くの人々と共生しつつ、女性の未来を拓く知性と専門性をもった実践力をつけることを目指しています。人間学部における学びについて、本学の特色に関連づけてお話したいと思います。

 第一に、本学は、カトリック・ミッションスクールとして全国にある白百合学園、また、全世界にあるSPC(Sister of St.Paul of Chartres)のメンバーでもあります。校章の百合の花はキリスト教では純潔の象徴といわれ、女性の凛とした気品あるたたずまいにたとえられます。これをすべての学生の心性、姿勢の基本においています。

 第二に、本学の教育理念である「人間の理解と支援」を実体化するために、4つの学科(人間発達学科、心理福祉学科、健康栄養学科、グローバル・スタディーズ学科)を置いていますが、どの学科においても現代のグローバルかつローカルな社会で求められる他者を理解し、自らの人生を切り開く力を養います。

 第三には、女子大学であるということです。女性には隠されている能力や女性自身も気づいていない力があります。他方、女性の持つ能力が十分に活かされてない状況が、家庭にも職場にも社会にも、地球規模でみられます。これらを客観的に受けとめつつ、女性の生涯にわたる学びや力をつけることに繋げるのが、女子大学にまかされた使命でもありますし、「社会の変化に積極的な対応」のできる女性の育成を目指す本学の教育理念にも通じています。

 本学が杜の都、学都・仙台にあることも特色といえるでしょう。百万都市でありながら、仙台の大通りの緑濃い木立や四季折々の自然の豊かさは、人間の感性や品性を高めます。時には大きな脅威をもたらす自然や人間の営為について探究する場、そして知性をみがく場となるでしょう。

人間学部の教育研究上の目的

教育研究上の目的

人間学部は、本学の教育理念であるキリスト教精神に基づく「人間の理解と援助」「社会変化への積極的対応」を実現するために、人間・人間の営為・人間社会の多元的な教育研究を行い、各々の領域でリーダーシップを発揮できる女性の育成を目的としている。

人間学部のカリキュラムポリシー

(1)
幅広い教養、柔軟な感性、豊かな人間性を養うことを目的とした「共通科目」、専攻分野ごとの専門知識・スキルを体系的に編まれた「専門科目」、他学科や他大学の専門科目の学びを保証する「その他の科目」の三群で構成される。
(2)
専攻分野の専門性に偏ることなく多角的な視点から探究する姿勢を育むために、共通科目として、キリスト教関連科目、人文・社会科学・自然科学系科目、外国語科目、情報科目、健康関連科目を設置する。
(3)
専門科目の探究を通して、社会の変化に対応し得る専門的な知識や社会のニーズに沿った高度な専門スキルを身につける。
(4)
少人数の演習等を通じて、批判力や創造力など問題発見・解決に関連する能力を養い、さらに、コミュニケーションスキルや自己表現スキルを実践的な方法で磨く。
(5)
1年次からキャリア教育を行い、キリスト教の精神に基づいた社会に貢献する姿勢や専攻分野に応じた資格取得を目指したキャリアに関わる教育を行う。

2016年度以前のカリキュラムポリシーはこちら

人間学部の卒業認定・学位授与に関する方針

仙台白百合女子大学で以下のような能力を身につけ、かつ、所定の単位を取得した学生は、卒業が認定される。

(1)
建学の精神に則り、カトリック及びキリスト教について理解しており、その精神に基づいた世界観や人間観及び知識・能力を身につけていることを学位授与の条件とする。
(2)
建学の精神に則り、全面的・調和的に発達した人間性や幅広い教養と豊かな感性を持ち、創造力、判断力、実践力を有するとともに、人間の真の幸福・平和・福祉に貢献できる女性となることを学位授与の条件とする。
(3)
人間学部として提供する人間の理解や援助に関する専門的知識と、社会の変化に積極的に対応しえる判断力・思考力・実践力を持っていることを学位授与の条件とする。

2016年度以前の卒業認定・学位授与に関する方針はこちら

単位の修得方法

学科・専攻/科目 共通科目 専門科目 卒業単位
人間発達学科
子ども発達専攻
30単位以上 70単位以上 124単位以上
心理福祉学科 30単位以上 70単位以上 124単位以上
健康栄養学科
管理栄養専攻
34単位以上 74単位以上 124単位以上
グローバル・
スタディーズ学科
26単位以上 70単位以上 124単位以上

2016年度以前の単位の修得方法はこちら