学部・学科案内

心理福祉学科

心理福祉学科

現代社会においては、人々が幸福に自分らしく生きていくために、心理・福祉の専門的な知識と技術がますます求められています。心理福祉学科では、そのような心理と福祉の専門性を身につけ、それを社会でさまざまに生かしていくことのできる女性を育てます。

学科長メッセージ

心理福祉学科長の写真 学科長 渡邊 兼行

 心理福祉学科の学びは、大きく分けると福祉コースと心理コースの2つのコースにおける学修となりますが、両コースはそれぞれの特色を持ちながらも、連動するカリキュラムを指向しています。
 福祉コースでは、人間がこの社会で生きていく過程で遭遇する様々な問題や求められる課題を解決するために、個人に限るのではなく、社会にかかわる問題としてその関係性に注目して、社会福祉サービスやソーシャルワークの理論や実践を学び、福祉的アプローチによって他者への支援を探究します。
 また、心理コースでは、心や行動の科学である心理学について、基礎的な理論や観察・実験・調査などの方法論を学びながら、人間の行動や心的過程を専門的に理解し、その上で、他者への支援を探求します。
 2コースともに国家試験受験資格等の一定の資格付与とともに、対人支援の専門職としての専門的力量、社会の多領域で活躍するための専門性を養成する教育として、少人数の教育環境を生かし、大学にふさわしいアカデミックな教育・研究を目指しています。カトリック女子大学としての理念の基に、現代社会の中で安定した人間らしい生活を送るための支援ができる学生を育てることが、本学科の使命です。

学科の特徴

特徴1少人数で丁寧な、一人ひとりに目の行き届く教育を提供しています。

1クラス10人程度のゼミを1年から4年まで開講し、入学から卒業まで一人ひとりを手厚くサポートしながら、学生の成長を支えていく体制が整っています。

特徴2体験と実践を重視し、豊富な実習・演習科目によるアクティブ・ラーニングを行っています。

1年次から現場での実習科目や演習科目を多く開講し、アクティブ・ラーニングを通して専門的な実践力と自ら成長する力を磨くことができます。

特徴3学生の未来を切り拓くための、種々のサポートを用意しています。

正規の授業に加えて、資格取得のための国家試験対策や大学院進学のための受験対策など、学生の未来につながる授業以外のサポートも広く行っています。

理念・方針

教育研究上の目的

心理福祉学科は、本学の教育理念であるキリスト教の愛の教えに基づき、すべての人間の尊厳と価値を認識して、人間の心理を科学的に理解する力、人間の福祉を深く探求し自己実現を図る力を身につけ、医療・福祉・教育などの多分野にわたり専門性を以って社会に貢献する人材を育成することを目的とする。

心理コース

心理学を通して、人間を理解するための様々な方法を学びます。

講義による知識の伝達だけではなく、実験や演習の中でデータを集め分析していく過程を通じて、心理学の研究法とその背景にある科学的・客観的な人間理解の姿勢を養います。また心理アセスメントや心理面接など、自己理解や他者理解の方法を学ぶことで、福祉・医療といった現場はもちろんのこと、一般企業や日常生活のさまざまな場面で生かされる専門性を身につけることができます。
 本コースでは、(公社)日本心理学会・認定心理士の資格取得と、心理の国家資格である公認心理師の受験資格のために必要なカリキュラムを提供しています。また、福祉の学習を同時に進めることで社会福祉士・精神保健福祉士・介護福祉士といった福祉専門職の受験資格を取得することも可能です。これらの資格を取得することで、心の専門家としての可能性がさらに広がることでしょう。

福祉コース

社会で生かせる福祉の専門的な知識と技術を学びます。

年齢や障がいの有無を問わず、誰もが地域で自分らしく生活できるようになることが福祉のねらいです。子どもの虐待やいじめ、若年の貧困問題、認知症高齢者の増加、医療依存度が高い障がい者などの生活課題を解決するには、福祉に関する専門的な知識や技術が必要です。
 本コースでは、講義・演習・実習を有機的に組み合わせたカリキュラムを展開し、現場で活躍できる福祉専門職、社会のさまざまな場面で福祉の専門性を生かせる女性を育成していきます。福祉の学習を進める中で社会福祉士・精神保健福祉士・介護福祉士の国家試験の受験資格を最大2つまで取得することができます。また、心理学の学習も同時に進めることで、認定心理士を取得して心理の視点を備えた福祉専門職を目指すことも可能です。

国際福祉体験実習

心理福祉学科企画の研修旅行で、2年生以上を対象とした科目です。2016年度は韓国で1週間程度の施設見学やボランティア活動を通して、現地の方との交流を図りました。広い視野で福祉をとらえることで日本を再確認し、女性としての社会貢献のあり方や自分の生き方を考えるよい機会になります。