大学案内

設立母体・沿革

シャルトル聖パウロ修道女会

パリから南西に100キロほど離れたところにルヴェヴィルという小さな村があります。中世ゴシック建築の傑作として名高いシャルトル大聖堂のすぐ近くです。シャルトル聖パウロ修道女会のストーリーはここから始まりました。

17世紀の終わりころ、若き神父ルイ・ショーヴェが主任司祭としてこの村に赴任してきました。「無学な人々の教育と、悲惨に苦しむ人々を慰め助ける」ため、ショーヴェ神父は子供たちと病人に奉仕することを訴えました。数人の若い女性がそれに応えて集まってきました。神父の指導を下、彼女たちは祈り、縫製や編み物をして共同生活をおくりました。
子供たちに読み書きを教え、病人の看護をしました。村人は、この娘たちを「学校の姉妹」と呼ぶようになりました。やがてルヴェヴィルを越えて、貧しい人々や病人の世話・教育を始めた姉妹たちは、1708年、ルヴェヴィルからシャルトルに拠点を移し、その時から、シャルトル聖パウロ修道女会の名称で呼ばれるようになりました。新約聖書の使徒パウロを模範とした生き方を目指したからです。今日、修道会は5大陸34カ国にて、4000人以上の会員によってキリスト教精神に基づく奉仕と教育、福祉事業を展開しています

白百合学園の生い立ち

1878年、3人のフランス人修道女が函館の地に降り立って活動を始めました。授産所や施療院、養護施設を開設し、数年後には女学校を開校して女子教育における先駆者として函館市民に親しまれるようになりました。 しかし学校の設立に関しては東京の方が早く、1881年に神田の猿楽町に設立されたものが修道会最初の教育機関です。フランス語や英語、技芸を教え、「赤レンガの学校」と呼び親しまれたこの場所に、多くの開明的な子女が集まったと言われています。これが白百合学園の礎です。
日本各地で修道会の尽力によって育ったそれぞれの施設は、1948年の学制改革によって名称を統一することとなり、ここに学校法人白百合学園の原型ができあがりました。

現在、北海道の函館、岩手の盛岡、宮城の仙台、東京都、神奈川の藤沢と箱根、熊本の八代にいたるまで、教育・福祉施設は、幼稚園から大学院まで全国10地区28校2福祉施設におよび、いっそうの教育環境の充実を目指しています。

大学の沿革

仙台にシャルトル聖パウロ修道女会の修道院ができたのは1892年です。翌1893年(明治26年)には私立仙台女学校が設立されました。1948年には校名が仙台白百合学園と改められ、幼・小・中・高までを備えた教育機関となりました。

高等教育への需要が高まるのを受けて、1966年に仙台白百合短期大学が家政科の単科大学として発足しました。1987年には国際化する社会に対応して英語科が増設されました。1996年には、短大と併設される形で仙台白百合女子大学が、人間学部のなかに人間発達学科と人間生活学科を備えて創設されました。2002年になると、短大はその役割を終えて四大に統合され、その結果、人間学部のなかに人間発達学科、総合福祉学科、健康栄養学科、国際教養学科の4学科を備えた、現在の仙台白百合女子大学ができあがりました。

  • 私立仙台高等女学校

  • 仙台白百合学園(幼・小・中・高)

  • 仙台白百合女子大学