教員業績一覧

アンソニー・スミス

→J-GLOBALはこちら

→本学教員一覧はこちら

植竹 由美子
  • ビジネスとオフィスワーク実務演習 共著 2005.1 樹村房 水原道子編著他8名 65-80 頁(全143 頁)
  • Business English for Beginners 共著 2014.2 三修社 芳野総子 遊佐重樹 8-27,29-32,36-38,40-42,44-46,68-73頁(全81頁)
  • これからの職業能力開発の在り方―訓練内容と効果的な教授法を中心として― 単著 2004.5 技能と技術第226 号 15-20頁
  • キャリア教育としてのビジネス・インターンシップ 共著 2006.1 仙台白百合女子大学紀要第10号 浅野浩子 89-104頁
  • 地方都市における公的機関主導による人材育成支援事業―仙台市産業振興事業団の独自性― 共著 2008.9 実践経営第45号 浅野浩子 111-118頁

→J-GLOBALはこちら

→本学教員一覧はこちら

氏家 靖浩
  • 障害児教育の歴史 諸外国における障害児教育の成立、諸外国における障害児教育の展開 単著 2011年 『特別支援教育を学ぶ人へ教育者の地平』 ミネルヴァ書房 編:菅原伸康 P22~P39
  • 東日本大震災の被災体験に関する当事者視点からの臨床教育学的読み解き 単著 2011年10月 臨床教育学研究第0号 編:日本臨床教育学会 P127~P137
  • ドイツのある実践を通して臨床教育学を考える 単著 2013 年4月 臨床教育学研究第1号 編:日本臨床教育学会 P190~P192
  • Factors Affecting the Use of Complementary and Alternative Medicine Among Japanese University Students. 共著 2014年10月 Journal of Complementaryand Integrative Medicine 氏家靖浩、岡田宏基 ISSN (Online)1553-3840 P1~P6
  • WHO 版 心理的応急処置PFA:サイコロジカル・ファーストエイド 現場の支援者のガイド 共訳 2012年9月 国立精神・神経医療研究センター及びNGO法人 Plan JAPAN 深澤舞子、大沼麻美、河瀬さやか、大滝涼子、畑山みさ子、氏家靖浩、上山真知子、西野美佐子、橋本信也、本郷一夫、Morris,J.F. 金吉晴・鈴木友理子 共同翻訳にて抽出不可

→J-GLOBALはこちら

→本学教員一覧はこちら

牛渡 淳
  • アメリカの新自由主義的教育改革における専門職・文化スタンダード政策の意義 単著 2015.10 日本教育行政学会年報41号 日本教育行政学会編56-69頁
  • 改訂版 初めて学ぶ教育の制度・行政・経営論 単編著 2014.4 金港堂 牛渡淳編著 全383頁
  • 次世代スクールリーダーのためのケースメソッド入門 共著 2014.8 花書房 日本教育経営学会実践推進委員会編 全219頁
  • 東日本大震災と学校-その時どうしたか、次にどう備えるか- 共著 2013.3 学事出版 共著者:天笠茂、北神正行、小松郁夫 22~35頁
  • 近年の教員養成・研修改革の構想と課題 単著 2014.6 日本教育経営学会紀要56号 日本教育経営学会編 2-12頁

→J-GLOBALはこちら

→本学教員一覧はこちら

大本 泉
  • 『作家のごちそう帖 悪食・鯨飲・甘食・粗食』 (平凡社) 2014年9月
  • 「夏目漱石『道草』 ―<神経衰弱>そして<孤独>からの超克―」 ( 大本泉・後藤康二・二木文明・北條博史・千葉正昭編『神経症と文学 ――自分という不自由――』 2014年9月、鼎書房 )
  • 「関東大震災と近代文学 ――芥川龍之介と正宗白鳥を中心として――」(「仙台白百合女子大学紀要 第17号」 2013年1月)
  • 「奥田英朗『空中ブランコ』の薬」(大本泉・後藤康二・石出信正・北條博史・四ツ柳隆夫・千葉正昭編『小説の処方箋 ――小説にみる薬と症状――』 2011年9月、鼎書房)
  • 大本泉・後藤康二・千葉正昭編『日本語表現 演習と発展【改訂版】』(2011年9月、明治書院)

→J-GLOBALはこちら

→本学教員一覧はこちら

小嶋 文博
  • Neolentinus lepideus による乳製品廃棄物からのエタノールおよび抗酸化物質の生産 2013.3.26 日本農芸化学会2013年度大会
  • 蒲鉾摂取による脳機能改善・脳保護作用の用量依存性 2010.11.6 第44 回日本栄養・食糧学会東北支部大会およびシンポジウム
  • 神経成長因子(NGF)産生誘導作用による蒲鉾の評価 2010.11.6 第44 回日本栄養・食糧学会東北支部大会およびシンポジウム
  • かまぼこ摂取による脳機能改善効果の用量依存性の解明 2010.7.22 第7 回かまぼこの健康機能性の研究発表会

→本学教員一覧はこちら

賈  軍
  • 「中国のSOx 排出量とエネルギー経済の課題」古賀弘義編著『日本産業と中国経済の新世紀』 共著  2004.3  唯学書房  古賀弘義他18名 245-258 頁
  • 「転換期における山西省地方財政の役割に関する研究」張改枝編著『転換期に迎える山西省の持続可能な経済発展』  共著 2012.3 中国財政経済出版社  賈軍・王效梅  44-50 頁 
  • 「中国における二酸化硫黄抑制政策の基礎的検討-山西省の火力発電所に関する脱硫装置普及の課題」  単著  2006.2  仙台白百合女子大学紀要第10号 41-52 頁
  • 「中国の石炭産業による環境汚染とその対策―SO2 排出量を中心に」 共著 2013.1 仙台白百合女子大学紀要第17号 賈軍・浅野浩子 189-194頁
  • 中国における「PM2.5 問題」の現状とその対策 単著 2015.2 仙台白百合女子大学紀要第19号 55-64 頁 

→本学教員一覧はこちら

河原 克雅

→本学教員一覧はこちら

神田 あづさ
  • 守秘義務教育の現状と課題(1)-保育実習を終えた本学学生と現場の保育士および幼稚園教諭を対象として- 共著 2013.3 仙台白百合女子大学人間発達研究センター紀要第8号 茂木千明他5名 23-32頁
  • 孤食の実態とその要因について-高校生を対象として- 共著 2014.1.31 食生活研究第34巻第2号 鳥居春菜 18-26 頁
  • 高校生男女の健康観と食生活に関する研究 共著 2015.7.31 食生活研究第35巻第5号 柳沢朋子、伊藤由菜 1-16頁
  • 教育ツールを活用した授業改善-栄養教育指導法の実践を例として- 共著 2015.9.1 大橋学園紀要 創刊号 田中雅章、内田あや 24-36頁
  • 学校現場における連携プロセスや情報の守秘についての-考察-教員と臨床心理士の比較- 共著 2015.10 筑波大学教育相談研究 第52号 森本幸子他5名 1-10頁

→本学教員一覧はこちら

佐々木 裕子
  • 新編 内部障害のリハビリテーション 共著 2012.1 医歯薬出版株式会社 上月正博・佐々木裕子 他25名 283-285頁,294-297頁
  • エキスパート管理栄養士養成シリーズ 公衆栄養学実習(第3版) 2016.3 化学同人 上田伸男・佐々木裕子 他10名 123-134頁
  • 東日本大震災時の避難所における栄養・食生活状況と管理栄養士としての支援について 2012.1 仙台白百合女子大学紀要 佐々木裕子 103-118頁
  • 妊娠可能な女性を対象とした食事介入時の毛髪ミネラル分析 2013.10 NMCC 共同利用研究成果報文集 佐々木裕子 97-101頁
  • 栄養に関わる人の応用栄養学 2015.3 ニューダイエットセラピー日本臨床栄養協会誌 佐々木裕子 71-78頁

→本学教員一覧はこちら

白川 充
  • 社会福祉士相談援助実習(第2版) 共著  2014.2  中央法規出版  白澤政和他  56-67頁
  • 相談援助実習・実習指導(第2版)  共著  2014.3  久美 米本秀仁他  152-161頁 324-334頁
  • 相談援助演習(第2版) 共著  2015.2 中央法規出版 白澤政和他 298-302頁
  • 福祉専門職養成教育の課題と「高砂プロジェクト」の取り組み-福祉教育の高度化と原点をめぐって- 単著 2012.8  『福祉介護テクノプラス』vol.5 No.8  17-20 頁
  • e-Leaning による学年別社会福祉士国会試験対策システムの試行  共著  2013.3  仙台白百合女子大学人間発達研究センター紀要第8号  嘉村藍他  33-47 頁 

→本学教員一覧はこちら

鈴木 敏明
  • 新・青年心理学ハンドブック 共著 2014.1 福村書店 後藤宗理編著他62名 423-433頁(全714頁)
  • 齋藤・杉本・亀田・平石論文『大学生における自己の構造発達ーKeganの構造発達理論に基づいてー』を読んで 単著 2012.6 青年心理学研究 第24巻第1号 85頁-89頁
  • すてきな大学教員をめざすあなたに 共著 2011.6 東北大学高等教育開発推進センター 鈴木敏明他6名 49頁-62頁(全130頁)
  • 入学者選抜における発達障害者への対応状況について 単著 2010.3 大学入試研究ジャーナル 第20号 139頁-144頁
  • 学生のための心理相談―大学カウンセラーからのメッセージ 共著 2001.11 培風館 鶴田和美編著他19名 222頁-226頁(全251頁)

→本学教員一覧はこちら

鈴木 裕一
  • Muscarinic cholinoceptor-mediated activation of JNK negatively regulates intestinal secretion in mice. 共著 2015 J Pharmacol Sci 127 Khan MR,Islam MT,Yazawa T,Hayashi H,Suzuki Y,Uwada J,Anisuzzaman AS,Taniguchi T. 150-153
  • Luminal trypsin induces entericnerve-mediated anion secretion in the mousececum 共著 2014年 J Physiol Sci 64 Ikehara O,Hayashi H,Waguri T,Kaji I,Karaki S,Kuwahara A and Suzuki Y 119-128
  • A case study on the association of variation of bitter-taste receptor gene TAS2R38 with the height, weight and energy intake in Japanese female college students. 共著 2013年 J Nutr Sci Vitaminol. 59 Inoue H,Yamakawa-Kobayashi K,Suzuki Y,Nakano T,Hayashi H,Kuwano T. 16-21
  • Subepithelial trypsin induces enteric nerve-mediated anion secretion by activating proteinase-activated receptor 1 in the mouse
    cecum. 共著 2012年 J Physiol Sci 62 Osamu I,Kaji I,KarakiS,Kuwahara A and SuzukiY. 211-219
  • Proteinase-activated receptors-1 and 2 induce electrogenic Cl- secretion in the mousececum by distinct mechanisms. 共著 2011年 Am J Physiol. 299 Ikehara O,Hayashi H,Watanabe Y,Yamamoto H,Mochizuki T, Hoshino M, Suzuki Y G115-125

→本学教員一覧はこちら

砂澤 健治
  • 「Late ME における'neck' の同義語について― hals, neck とswire を中心に― 」『片平五十周年記念論文集―英語英文学研究』 単著 2015.3 金星堂出版 片平会編 240‐250頁
  • 「ME roust の用法について」 単著 2011.2 英語英文学論叢『片平』 第46号 1-8頁
  • 「The Canterbury Tales のThe Reeve's Tale における'camus nose' について」 単著 2014.3 『仙台白百合女子大学紀要』第18 号 1-8頁
  • 「Cotton Nero 詩群における'flower'の類義語―blom, blosmeflour についてー」単著 2016.3『仙台白百合女子大学紀要』第20号 11-18頁

→J-GLOBALはこちら

→本学教員一覧はこちら

高橋 泉
  • 地域社会と「近代化」―柳田国男主導「山村調査」「海村調査」の追跡調査から― 単著  2005.7  まほろば書房(博士論文の出版) 全231頁
  • 神・人・自然―民俗的世界の相貌―  共著  2010.2  慶友社(担当箇所は論文5 を加筆・修正しまとめた) 田中宣一他23名 235-252頁
  • 沖縄宮古島下地民俗誌1974-1976 フィールドワークの記録  単著  2011.2  まほろば書房  全293 頁
  • 韓・中・日人口動向と人口戦略  共著  2013  KIHASA 韓国(韓国語) Lee Samsik 他  該当頁不特定
  • 交響する空間と場所Ⅱ 創られた都市空間  共著  2015.1  法政大学出版局  堀田泉他8名  123-161頁

→J-GLOBALはこちら

→本学教員一覧はこちら

髙橋 早苗
  • 「リスクのなかの都市空間:ニューヨークを中心に」 吉原直樹・大澤善信編『交響する空間と場所1:開かれた都市空間』 法政大学出版局  2015年
  • 「都市は甦るか:不安感の漂うなかで」 吉原直樹・近森高明編『都市のリアル:都市を語る現在形』 有斐閣 2013年
  • 共著「ニューヨークにおける犯罪の減少と秩序維持ポリシング」 『山形大学紀要(社会科学)』第38号  2008年

→J-GLOBALはこちら

→本学教員一覧はこちら

菱沼 宏哉
  • Effect of dietary vitamin C and vitamin E on tissue lipid peroxidation in ODS rats. In:Vitamin C and the Scurvy-Prone ODS Rat Elsevier Science Publishers 175-185 1990
  • Dietary restriction reduces the incidence of 3-methylcholanthrene-induced tumors in mice: Close correlation with its potentiating
    effect of host T cell functions. Cancer Immunology and Immunotherapy, 33 (5) 293-298 1991
  • Augmentation of mouse immune functions by dietary restriction. An investigation up to one year of age. Annals of Nutrition and
    Metabolism, 34 (2) 76-84 1990
  • The effect of dietary restriction on mouseT cell functions Immunology Lwtters 17 351-356 1988
  • Control of cocklebur seed germination by nitrogenous compounds:Nitrite,nitrate,hydroxylamine,thiourea, azide and cyanide Plant and Cell Physiology 20(2) 349-361 1979

→J-GLOBALはこちら

→本学教員一覧はこちら

槇石 多希子
  • 精神障害者の社会参加を支える支援ネットワークの形成  共著  2012.3  仙台白百合女子大学人間発達研究センター紀要『人間の発達』第8号  高橋満  21-45頁
  • 『希望への社会教育―3.11後の社会のために』共著  2013.9  東洋館出版社 303頁  手打敏明  155-172頁
  • 「社会変動における高学歴女性のライフコースと学歴・文化資本―中国・外国語大学日本語学科1983年卒業生の事例」 共著  2015.6 仙台白百合女子大学人間発達研究センター紀要『人間の発達』第10号  高橋満 李篠平 広森直子  37-57頁
  • 「地域社会への参加と『生活に埋め込まれた学習』-『国際結婚』をした外国人女性の定住過程」 共著 2015.6 仙台白百合女子大学人間発達研究センター紀要『人間の発達』第10号 南紅玉 59-75頁
  • 『対人支援職者の専門性と学びの空間―看護・福祉・教育職の実践コミュニティ』 共編著(高橋満) 創風社 287頁 2015.12

→J-GLOBALはこちら

→本学教員一覧はこちら

宮崎 正美
  • 「共感」を基盤とする多角的な人間理解 共著 2012.12 『尚絅学院大学紀要』第64号 安井猛、箭内任、目黒恒夫、田島裕之 1-15 頁
  • 聖大バシレイオスのアナフォラ─近年の研究の動向について 単著 2014.3 『エイコーン─東方キリスト教研究』第44号(教友社)2014年3月 27-52頁
  • 震災遺構としての聖堂とイコンの神学─旧石巻正教会聖堂の事例から 単著 2015.2 『仙台白百合女子大学紀要』第19号(2014) 11-30頁
  • カトリック教会とは何なのか──「東方カトリック諸教会に関する教令」について 単著 2013.10 『福音宣教』(第67 巻第9号) 6-12 頁
  • 「゛大学″と人間を看ることー宗教の公的役割を念頭に考える」  石巻赤十字病院エンドオブライフケア勉強会  2015年7月24日

→J-GLOBALはこちら

→本学教員一覧はこちら

宮下 ひろみ
  • 「改訂新版・調理学実習おいしさと健康」 共著 2014.11 アイ・ケイコーポレーション 和泉真喜子、宮下ひろみ他8名 p47,56-63,82 164-168,191-200, 235-251
  • 「食べ物と健康IV 食事設計と栄養・調理」 共著 2015.3 三共出版 菊地和美他10名 p108-111
  • 日常食における市販食品の利用状況と調理簡便化の検討 単著 2012.1 仙台白百合女子大学紀要第16号 119-132頁
  • 魚の調理-学校教育の場で経験する大切さ 単著 2012.6 日本調理科科学会誌45号3巻 58-60頁
  • 病院の食事形態名称と仙台市内高齢者向け宅配サービスの食事形態名称の互換性に関する考察 単著 2014.2 仙台白百合女子大学紀要第18号 119-123頁

→J-GLOBALはこちら

→本学教員一覧はこちら

矢口 洋生
  • 著書 共著  ジョン・H・ヨーダーの神学 新教出版社  109-141 2010.2
  • 翻訳 共著  イエスの政治 新教出版社 計348頁  1992.8
  • 翻訳 共著  宣教のパラダイム転換(下) 新教出版社 計27頁 2001.3
  • 翻訳 共著  社会を動かす礼拝共同体 新教出版社 計150頁 2002.9
  • 翻訳 単著  ギリシャ人には愚かなれど 新教出版社  計206頁 2007.2

→J-GLOBALはこちら

→本学教員一覧はこちら

山口 榮一
  • 連載「アクティブラーニングとは何か①-⑥」森上教育研究所『中学受験と私学中等教育』 2015.9-2016.3
  • 「切りがみで学ぶ図形パズル」ディスカヴァ-トェンティワン 2014.3
  • 「なぜ新人教師は「授業のシステム化」を学ぶべきなのか-システム化の意義と利用上のつまずき-」玉川大学教師教育リサーチセンター年報第3号、玉川大学
  • 「深い理解のすすめ」『指導と評価』
  • 連載「授業とモチベーション」森上教育研究所『中学受験と私学中等教育』2010.10-2011.01

    ①都合のいい「やる気」論を排す
    ②やる気と自己肯定感
    ③やる気とセルフエスティーム
    ④授業目標としての理解

→本学教員一覧はこちら

横尾 元意
  • 英国道徳劇における「良心」の役割の変遷―英国ルネサンス悲劇の生成との関連においてー  単著  1998  仙台白百合女子大学紀要第2号(1997)  43-55 頁
  • 宮廷風恋愛の伝統とイタリア・ルネサンスの女性観 単著 2003 仙台白百合女子大学紀要第7号(2002)  125-138頁
  • イギリス初期悲劇「アッピアスとヴァージニア」の形成 単著 2006 仙台白百合女子大学紀要第11号(2005) 119-127頁
  • 『ハムレット』の大団円とars moriendiの刷新 2012 仙台白百合女子大学紀要第16号(2011) 133-140頁

→J-GLOBALはこちら

→本学教員一覧はこちら

渡邊 兼行
  • 自己選択効果研究における課題と展望 単著 2011.1 仙台白百合女子大学紀要15 73‐87頁
  • 自己選択効果における非選択語の記憶―関係性と示差性の処理の観点からの検討― 単著 2012.1 仙台白百合女子大学紀要16 67-78頁
  • 選択における個人差と自己選択効果―不決断傾向と認知スタイルとの関係から― 単著 2015.2 仙台白百合女子大学紀要19 103-113頁
  • 英単語学習過程としての「記名」と「想起」の役割:手がかりとしての文脈か、符号化特殊性か 共著(板垣信哉・渡邊兼行・鈴木渉・小林千夏) 2016.2 太田信夫・佐久間康之(編) 『英語教育学と認知心理学のクロスポイント―小学校から大学までの英語学習を考える―』北大路書房 214-226頁
  • 『自ら実感する心理学―こんなところに心理学―』分担執筆(土肥伊都子 編)2016.2 保育出版社57-58頁、63-64頁

→J-GLOBALはこちら

→本学教員一覧はこちら

大久保 剛
  • Administration of DHA-PS to aged mice was suitable for increasing hippocampal PS and DHA ratio. 共著 2010 J Oleo Sci., Vol.59, No.5 OHKUBO T,TANAKA Y 247-253
  • PC-DHA(DHA 結合型ホスファチジルコリン)はREM 睡眠量に影響する. 共著 2011 睡眠環境学会誌Vol.8, No.1 大久保剛、津嶋佐和栄、日比野英彦、小林敏孝 9-14
  • Glycerophosphocholine enhances growth hormone secretion and fat oxidation in young adults. 共著 2012 Nutrition, Vol.28, No.11 SATO K,FUJITA S,GOTO K,HAMAOKA T,IEMITSU M. 1122-26
  • Effective extraction of curcuminoids by grinding turmeric (Curcuma longa) with medium-chain triacylgricerols. 共著 2013 FOOD SCIENCE AND TECHNOLOGY RESEARCH Vol.19, No.4 TAKENAKA M,OHKUBO T,OKADOME H,SOTOME I,ITOH T, ISOBE S. 655-659
  • 澱粉・大豆油混合物のエクストルージョン処理によるラットの油脂吸収低下 共著 2016 日本食品科学工学会誌、Vol.63, No.5, 236-241, 伊東利博、高橋陽子、大久保剛、八巻幸二、中嶋光敏、五十部誠一郎、236-241

→本学教員一覧はこちら

大迫 章史
  • 『続・近代日本教育会史研究』 共著 2010.11 学術出版会 梶山雅史編著(梶山ほか17名) 119-138頁
  • 『国際教育学の展開と多文化共生』 共著 2010.4 学文社 日本国際教育学会創立20周年記念誌編集委員会編(前田耕司ほか14名) 123-142頁
  • 『大学の智と共育 カトリック大学の未来を探る』 共著 2011.4 教友社 宮本久雄・山岡三治・山内宏太朗・村上陽一郎・渡辺文夫編著( 宮本ほか13名) 123-142 頁

→J-GLOBALはこちら

→本学教員一覧はこちら

加藤 美紀
  • 「意味の探求を支えるスピリチュアリティの育成―フランクル思想を手がかりとして―」  単著  2010. 8  日本カトリック教育学会編 『カトリック教育研究』第27号 1-15頁
  • 「女子青年の語りにみるスピリチュアリティ―生きる意味の探求を支える宗教教育の視点から―」 単著 2012.3 東北教育哲学教育史学会編 『教育思想』第39号 75-96頁
  • 「意味形成の要素を活かす宗教教育―重要な他者と時間的展望に着目して―」 単著 2013.3 上智大学総合人間科学部教育学科編 『上智大学教育学論集』第47号 53-68頁
  • 「生きる意味の探求を支える宗教教育の在り方についての研究―カトリック学校における女子高校生のスピリチュアリティ育成を事例として―」 単著 2013.3 上智大学大学院総合人間科学研究科教育学専攻所蔵博士論文  1-303頁
  • 「日常と超越とをつなぐスピリチュアリティの育成―ヒルティの思想を手がかりとして―」 単著  2014.3  東北教育哲学教育史学会編 『教育思想』第41号 33-54頁

→J-GLOBALはこちら

→本学教員一覧はこちら

熊谷 健二
  • Moodle によるe-testing 学習支援システムの試行-社会福祉士国家試験対策システムを中心に- 共著  2010.3  仙台白百合女子大学紀要第14号  嘉村藍他3名  101-114頁
  • 書道家と非書道家の漢字認知における視線の比較-同一漢字のくずしの効果-  共著  2011.2  仙台白百合女子大学紀要第15号 大道直人他3名  13-28頁
  • Moodle によるe-testing 学習支援システムの試行(2) -社会福祉士国家試験対策システムを中心に-  共著  2012.1  仙台白百合女子大学紀要第16号 嘉村藍他3名  79-102頁
  • e-learning による学年別社会福祉士国家試験対策システムの試行  共著  2013.3  人間の発達第8号  嘉村藍他3名  33-47 頁
  • 視線追尾実験による漢字認知過程の研究  共著  2015.2  仙台白百合女子大学紀要第19号  大道直人他3名  65-83頁

→J-GLOBALはこちら

→本学教員一覧はこちら

郡山 昌明
  • 東日本大震災地域生活支援「困った」ときのQ&A 共著 2014.03 全国コミュニティライフサポートセンター 全国コミュニティライフサポートセンター 大坂純他11名で分担執筆 p20,p24,p31,p34,p41,p45,p4,p9,p50,p52,p56,p62,p67
  • 東日本大震災・被災者支援のためのサポーターワークブック 共著 2013.03 全国コミュニティライフサポートセンター 全国コミュニティライフサポートセンター 大坂純他11名で分担執筆
  • ソーシャルワーカーが活用する「ツール」の構成要素に関する研究 単著 2008.01 仙台白百合女子大学紀要 郡山昌明、志水田鶴子、廣庭裕、大坂純 17-29 頁
  • 精神障害者の地域生活支援のあり方について~相談支援事業所+らiふの実践からの考察 共著 2009.02 仙台白百合女子大学紀要 郡山昌明、志水田鶴子、廣庭裕、大坂純 29-45 頁
  • 利用者とソーシャルワーカーとの意思疎通を促進させる「ツール」開発の研究-臨床場面での使用を踏まえて- 共著 2010.03 仙台白百合女子大学紀要 69-79 頁

→本学教員一覧はこちら

志水 田鶴子
  • 平成26年度老人保健事業推進費補助金老人保健健康増進等事業 被災地の災害公営住宅における福祉・交流拠点の整備を通じた地域包括ケアへの支援に係る事業 報告書 分担執筆 102~105頁、113~114頁
  • 生活支援コーディネーター養成テキスト 高橋誠一、大坂純、志水田鶴子、藤井博志、平野隆之(編集) 2016.02.22
  • 改正介護保険における「新しい地域支援事業」の生活支援コーディネーターと協議体 高橋誠一、大坂純、志水田鶴子編 吉田昌司(監修)2015.07.25
  • 平成27年度老人保健事業推進費等補助金老人保健健康増進等事業 被災地における被災者支援員を介護人材に活用する方策に関する研究事業 報告書 分担執筆 第1章 仙台白百合女子大学准教授 志水田鶴子(Ⅱ2-5、Ⅲ1-3)
  • 保健福祉学-当事者主体のシステム化学の構築と実践-(分担執筆第6章第6節) 共著 2015.3 (株)北大路書房 安梅勅江他 日本保健福学編集40名 135-140

→J-GLOBALはこちら

→本学教員一覧はこちら

鈴木 寿則
  • 医療費の地域格差-レセプトデータによる地域診断- 2013年12月 宮城県公衆衛生協会「公衆衛生情報みやぎ」No.428 4-7 頁
  • 東日本大震災による小児の生活習慣の変化 2014年1月 仙台白百合女子大学紀要第18号 55-67頁
  • 『国保・後期高齢者ヘルスサポート事業ガイドライン』2014年9月 国民健康保険中央会
  • 「おしえて!データへルス」みやぎの国保(各号連載)2015年4月、7月、10月、1月号
  • 「青葉神社 大鳥居復興への想い」2015年4月 仙台藩士会「藩報きずな」第53号13頁

→本学教員一覧はこちら

妹尾 知昭
  • 『1日10分言語力ドリル(話す・聞く)』改訂版 共著 2013年9月 第一学習社 幸坂健太郎 難波博孝編著 2-19頁
  • (論文)「述語中心文法の可能性―新しい教育文法への試み―」 単著 2016年 『日本語論説資料』論説資料保存会 464-468頁 (2013年発表の同論文を、『日本語論説資料』第50号に採録)
  • 「文化への参加に導くことばの入門期指導−外国人児童への指導を中心に−」(博士論文) 単著 2015年1月 広島大学大学院教育学研究科学習開発専攻カリキュラム開発分野 1-185頁
  • 「外国人児童の日本語指導におけるリライト教材の必要性と使用可能性」 単著 2014年12月 『広島大学大学院教育学研究科紀要』第一部(学習開発関連領域)第63号 105−113頁
  • 「外国人児童への国語科入門期教育の研究-文型と文成分指導の必要性-」 単著 2014年5月 『国語教育思想研究』第8号,広島大学 113−122頁

→本学教員一覧はこちら

髙澤 まき子
  • 調理科学〈第3版〉 第5章 3.1食肉類 3.2魚介類 4.2油脂類 単著 2014.11 建帛社 分担執筆 森高初恵、佐藤恵美子編他6名 150-163頁 175-177頁
  • 生ゴミ堆肥を用いて栽培したトマトの生育・収量・カルシウム含量に及ぼす灌水量の影響 共著 2010.3 仙台白百合女子大学紀要14号 金浜耕基 91-100頁
  • 蓮の実粉末の校酸化作用 共著 2013.1 仙台白百合女子大学紀要17号 佐藤幸夫 49-59頁
  • 食生活状況と味覚感度に関する研究 共著 2016.3 仙台白百合女子大学紀要第20号 矢島由佳 169-179頁
  • 女子大生の季節における味覚感度の変動―夏季と冬季の比較― 2016.5 日本家政学会第68回大会研究発表要旨集 58頁

→J-GLOBALはこちら

→本学教員一覧はこちら

沼澤 清一
  • 新国語科・言語技能を磨くワーク上・下巻編著(上・下巻とも6版)明治図書 2009. 9
  • 第20 回道徳と特別活動の教育研究賞 特別活動 佳作 「朝の会の当番の話で、子ども同士の温かいつながりを築く」 2004.2 財団法人総合初等教育研究所 後援:文部科学省・全国小学校道徳教育研究会・全国小学校学校行事研究会・全国特別活動研究会・全国道徳特別活動研究会
  • 5年生を追究する子に育てる 単著 1 9 9 5 . 1 0 明治図書 全 1 3 7 頁
  • 子どもの笑顔で結ぶ保護者との連携 単著 2 0 0 6 . 3 明治図書 全2 2 1 頁
  • 生活科において気づきを高める教材の開発 アサガオ栽培の中で、いつ、どこで「はてな?」を導くか 単著 2 0 1 5 . 3 日本教材学会 「教材学研究」第26巻 103~112頁、全270頁

→本学教員一覧はこちら

茂木 千明
  • 健康な家族機能に対する家族の評価 単著 2007.2 仙台白百合女子大学紀要第11号 65-80頁
  • 学生相談の機能に関する研究(1):学生相談における連携対応の必要性 共著 2008.5 人間の発達(仙台白百合女子大学人間発達研究センター紀要)第3号 遠藤寛子・森本幸子・湊谷愛 31-41頁
  • 学生相談の機能に関する研究(2):学生相談における連携のあり方とその課題 共著 2009.10 人間の発達(仙台白百合女子大学人間発達研究センター紀要)第5号 森本幸子・神田あづさ・遠藤寛子 55-63頁
  • 守秘義務教育の現状と課題(1):保育園実習を終えた本学学生と現場の保育士および幼稚園教諭を対象として 共著 2013.6 人間の発達(仙台白百合女子大学人間発達研究センター紀要)第8号 森本幸子・神田あづさ・皆川美雪・佐々木美恵・遠藤寛子 23-32 頁
  • 児童養護施設の子どもが作成した生活関係図:家族関係単純図式投影法を応用して 単著 2015.6 人間の発達(仙台白百合女子大学人間発達研究センター紀要)第10号 29-36頁

→J-GLOBALはこちら

→本学教員一覧はこちら

山田 恵
  • チャールズ・ジョンソンの『牛追い物語」における奴隷体験記の現代的改変と東洋思想 単著 2010.1 『仙台白百合女子大学紀要』第14 号(仙台白百合女子大学紀要) 101-113頁
  • チャールズ・ジョンソンの『夢見る者』におけるキング牧師像とフィクションの可能性 単著 2015.2 『仙台白百合女子大学紀要』第19 号(仙台白百合女子大学紀要) 91-101頁
  • 自由のための新たなロードの物語―チャールズ・ジョンソンの『牛追い物語』に示された東洋的「道」 単著 2015.3 『アメリカン・ロードの物語学』(金星堂) 265-278頁
  • 『シグニファイング・モンキー―もの騙る猿/アフロ・アメリカン文学批評理論―』 共訳 2009.12 南雲堂フェニックス 山田恵、他9名 353-381頁

→J-GLOBALはこちら

→本学教員一覧はこちら

遊佐 重樹
  • 英語の授業におけるプレゼンテーションソフトの活用(毎年、内容更新) 1997.4
  • 『はじめてのビジネス・イングリッシュBusiness English for Beginners』 共著 2014.2 三修社 芳野総子 植竹由美子
  • "What Japan Could Learn from the History of Bilingual Education in California" 単著 2011.2 仙台白百合女子大学紀要第15号 59-72頁
  • "At What Age Should English Instruction Start in Japan?" 単著 2012.3 仙台白百合女子大学人間発達研究センター紀要「人間の発達」7号
  • 「日系ブラジル移民の子ども達への教育問題」 (単) 2010.5 仙台白百合女子大学人間発達研究センター「教育の公共性研究会」(仙台白百合女子大学)

→J-GLOBALはこちら

→本学教員一覧はこちら

岩淵 摂子
  • 小学校音楽教育の現状と課題―生きる力とコミュニケーション力の育成のために― 単著 2012 年3月 子どもの健康福祉研究16 112-119
  • ハンガリーのピアノ教育の発展Ⅲ―学際的な内容を持つアパジ・マーリア著『ピアノの夢―創造的なピアノ学習』における即興演奏指導法― 共著 2014年2月 仙台白百合女子大学紀要第18号 降矢美彌子 69-89
  • オペレッタ活動の教育的効果について―2014年度「保育内容(音楽とリズム)」における授業実践から― 共著 2015年2月 仙台白百合女子大学紀要第20号 四家昌博 195-210
  • ハンガリーのピアノ教育の発展―絵画、建築、数学などを総合し即興を重視するハンガリーのピアノ教科書(アパジ・マーリア著『ピアノの夢―創造的なピアノ学習』全3巻)の意義― 2010年9月 日本音楽教育学会第41回大会(埼玉大学)
  • ざぶん賞福島表彰式ピアノ演奏 2015年2月 AOZ(アオウゼ)福島市アクティブシニアセンター4 階多目的ホール

→本学教員一覧はこちら

上岡 紀美
  • 保育学生のストレスコーピングと実習評価との関連  2011.9  日本心理学会第75回大会
  • 保育所実習におけるストレスコーピングと実習評価との関連  2012.3  日本発達心理学会第23回大会
  • 保育学生の「わらべうた」に関する意識調査  2013.5 日本保育学会第66回大会
  • 保育学生における学びの初期の価値基準―「保育観」「子ども観」「保育者像」をめぐって―  2014.12  日本応用教育心理学会第29 回研究大会 

→本学教員一覧はこちら

氏家 幸子
  • 小学校の食に関する指導におけるコーディネートの現状と課題―宮城県の栄養教諭・学校栄養職員を事例としてー 共著 2013年4 月 日本栄養士会雑誌 第56巻第4号 平本福子 41~50頁
  • 食育の教材となる献立のたて方 単著 2013年4月号~2015年3月号24回連載 学校の食事
  • 戦前から戦後にわたる学校給食の歴史について~仙台市の事例をもとに~ 単著 2014年3月 一般財団法人日本食生活文化財団「日本食生活文化調査研究報告集29―平成24年度助成対象―」 1~54頁
  • 学校給食の献立の変遷に関する研究-仙台市小学校の事例をもとに- 単著 2015年仙台白百合女子大学紀要 第20号 61-95頁

→本学教員一覧はこちら

家子 敦子
  • 女子学生の生活習慣病という観点からみる生活習慣改善への関心―インターネット資料読み取り型学習から― 単著 2015 仙台白百合女子大学紀要19号
  • 終末期ケア論における授業材料としての「病家須知」の検討 単著 2014 仙台白百合女子大学紀要18号
  • 介護職員に向けた介護過程展開シートの考案―介護過程展開法の施設研修により― 2014.10 第12回日本介護学会
  • 2014年社団法人日本介護福祉士会・社団法人宮城県介護福祉士会主催 平成26年度介護福祉士養成施設実習指導者特別研修講師
  • 2014年宮城県福祉・介護人材確保対策事業 修講師派遣事業研修会講師

→J-GLOBALはこちら

→本学教員一覧はこちら

菅原 詩緒理
  • Serum cytokeratin M30 level and its correlation with nutritional parameters in middle-aged Japanese males with nonalcoholic fatty liver disease (NAFLD) 共著 2010 年 J Nutr. Sci. Vitaminol.(56) Mayumi Tabuchi,KayokoTomioka,Takayo Kawakami,Yasuko Murakami,Makoto Hiramatsu,Tatsuya Itoshima,Shiori Sugawara 他3名
  • 日本人男性における腹部肥満改善に影響する栄養学的因子の検討 共著 2013年 日本病態栄養学会雑誌(16) 菅原詩緒理、川島愛子他5名 293-304頁
  • 日本人の中年男性における血清CK18M30 抗原濃度と摂取栄養素の関連 共著 2014年 日本栄養・食糧学会誌(67) 菅原詩緒理、赤羽たけみ他2名 127-135頁
  • 非アルコール性脂肪性肝疾患(non-alcoholic fatty liver disease: NAFLD)における6 ヶ月間の栄養食事指導による病態改善効果 共著 2015年 食品・臨床栄養(Food and Clinical Nutrition) 菅原詩緒理、赤羽たけみ他2名 1-9頁
  • 血漿リン脂質脂肪酸中のn-3系多価不飽和脂肪酸の低値はHOMA-IRの高値と関連する 共著 2016年 日本栄養・食糧学会誌(69)菅原詩緒理、赤羽たけみ他2名 11-19頁

→本学教員一覧はこちら

中村 俊哉
  • 教科学習におけるエネルギー環境教育の授業づくり[小学校編] 共著 2009.10 国土社佐島群巳・高山博之・山下宏文、13名 102-103 、152-155 、206頁
  • エネルギー環境教育における社会的態度の育成 共著 2014.12 エネルギー環境教育研究vol.9 no.1 山下宏文 18-19頁
  • 小学校社会科における「循環型社会」形成のための3R の効果を中心としたカリキュラムに関する検討-リサイクルからリデュースへ- 単著 2015.2 仙台白百合女子大学紀要19号 157-171 頁
  • 保育士養成におけるエネルギー環境教育の実証的研究 単著 2015.7 エネルギー教育研究Vol.9 No.2
  • 「大学の共通科目におけるSTS教育の在り方と実践」仙台白百合女子大学紀要 第20号

→本学教員一覧はこちら

仁藤 喜久子
  • 【新版】保育内容「健康」~遊びと園生活から育む豊かな心とからだ~ 共著 2013.5 大学図書出版 宮下恭子編他8名 17-32頁
  • 保育・教職実践演習-保育理論と保育実践の手引き- 共著 2014.5 大学図書出版 横山文樹・駒井美智子編他7名84-85頁
  • 幼児の体力と生活―2013 年調査― 共著 2014.3 鶴川女子短期大学紀要第32号 仁藤喜久子他4名53-65頁
  • 保育者養成校における学生の学びを深める授業実践の試み 共著 2015.3 鶴川女子短期大学紀要33号 岩治まとか他1名61-69頁
  • 女子短期大学生の新体力テスト結果と課題 単著 2015.3 鶴川女子短期大学紀要第33号81-84頁

→本学教員一覧はこちら

松﨑 吉之助
  • 「1人暮らし認知症高齢者」への「継続的支援」-成年後見制度の活用を手掛かりに- 単著 2012年5月 光生館『大都市の地域包括ケアシステム「見えにくさと」と「描く力」』第6章 太田貞司編 7名 151-172
  • 独居等認知症高齢者に対する成年後見制度申立て支援に関する研究~地域包括支援センター社会福祉士による支援プロセス~ 単著 2012年7月 日本認知症ケア学会『日本認知症ケア学会誌』 第1巻第2号 506-515
  • 地域包括支援センターの専門職と民生委員の連携・協働に関する研究~二者間で構築される「関係の質」を中心に~ 単著 2013 年12月 横浜国立大学大学院学位請求論文 1-134
  • 住民である民生委員が役割を見出すプロセス~修正版グラウンデッド・セオリー・アプローチによる分析~ 単著 2014年4月 横浜国立大学技術マネジメント研究学会『技術マネジメント研究』13号 21-33
  • 独居認知症高齢者支援における専門職と近隣住民の関わりについての研究―トラブルのある事例に対する地域包括支援センター専門職の取り組み― 単著 2016年3月『仙台白百合女子大学紀要』第20号 111-125頁

→本学教員一覧はこちら

メアリー・アン・パスクアル

→本学教員一覧はこちら

山城 秋美
  • 介護予防運動教室の体力向上効果と肥満度・栄養の関連 共著 2010.6 仙台大学大学院 小松正子 111-117頁
  • 乳幼児食生活改善教室の参加率向上への取り組み 単著 2010.12 公衆衛生情報みやぎNo.408 18-20頁
  • 摂食機能療法への積極的な栄養ケア・マネジメントの導入により経口摂取移行が推進された2例 単著 2011.4 日本健康・栄養システム学会誌Vol.10 No.3
  • 飲料に加えた炭酸が日本女子大学生の消化管機能か味覚に与える影響 共著 2016.3 仙台白百合女子大学紀要第20号 鈴木裕一、加賀山あかり 127-138頁
  • 運動生理学(実技・演習)を受講した女子大学生の体組成と運動習慣に与えた効果について 単著 2016.6 仙台白百合女子大学人間発達研究センター紀要第11号

→本学教員一覧はこちら

吉田 弘美
  • 「4年制課程における介護福祉教育に関する一考察~学生の意識調査より~」  共著  2003.3  「保健福祉学研究」東北文化学園大学医療福祉学部保健福祉学科紀要(第1号)  佐藤直由 97-109頁
  • 介護福祉士のための福祉用具評価ツールに関する一考察  単著  2011.1  仙台白百合女子大学紀要(第15号)  97-107頁
  • 東日本大震災における支援物資としての介護機器の支援状況に関する検証研究  共著  2013.5  フランスベッド・メディカルホームケア研究・助成財団  1-30頁
  • 項目執筆 「ありのまま舎」『東北都市事典』  単著 2004.3 仙台共同印刷所 東北都市学会編130名  13-14頁
  • 施設介護職員へのキャリアアップ支援〔第3報〕-介護過程実践研修前後の意識の変化-  2013.10  第21回日本介護福祉学会大会(熊本)

→J-GLOBALはこちら

→本学教員一覧はこちら

嘉村 藍
  • e-learning による学年別社会福祉士国家試験対策システムの試行 共著 2013年3月31日 人間発達研究センター紀要「人間の発達」第8号 嘉村藍、白川充、熊谷健二、木村有里 33-47
  • Moodle によるe-testing 学習支援システムの試行-社会福祉士国家試験対策システムを中心に-(2) 共著 2011年3月 仙台白百合女子大学紀要第16号 嘉村藍、白川充、熊谷健二、木村有里 79-102
  • 改訂版社会福祉系モデル・コア・カリキュラムをベースとしたOSCE の試行について 2014年11月23日 2014 年度北海道ブロック社会福祉実習セミナー(北星学園大学)* 「2014 年度北海道ブロック社会福祉実習セミナー報告書」(pp145-153)
  • 福祉系4年制大学におけるe ラーニングに関する実態調査報告 2012年8月 日本社会福祉教育学会(立正大学)

→本学教員一覧はこちら

熊谷 治子
  • 『英米文学の地平- W.ワーズワスから日系アメリカ人作家まで』「ことばの対位法- 『灰の水曜日』と『四つの四重奏曲』を中心として」 共著 2012.4 金星堂 田村一男他 田村一男監修 99-115頁
  • 「エピグラフから読む『J.アルフレッド・プルフロックの恋歌』―観察をめぐって―」 単著 2016.3 仙台白百合女子大学紀要第20号 153-168頁
  • 「T. S. エリオット『灰の水曜日』の「音風景」――楽器、泉、階段、鳥をめぐって」 単著 2014.2 仙台白百合女子大学紀要第18号 91-105頁
  • 「モダンでクラシカルな音風景(サウンドスケープ)―『荒地』と『春の祭典』の「騒音(ノイズ)をめぐって」カトリック学術奨励金研究奨励賞受賞 単著 2012.12 『英文學研究』(日本英文学会)第89巻 1-20頁
  • 「『荒地』の音楽的側面―ワーグナーの楽劇との関連をめぐって」第12回ロゲンドルフ賞受賞 単著 2000.10 Soundings 26号(サウンディングズ英語英文学会) 103-119頁

→J-GLOBALはこちら

→本学教員一覧はこちら

四家 昌博
  • 本学の保育者養成課程におけるピアノ指導の課題と展望-カリキュラムの見直しと学生のアンケートの結果から-  共著  2014.2
    仙台白百合女子大学紀要第18号 菊地真知子 岩淵摂子 P107~118
  • 第22 回日本ピアノ教育連盟ピアノオーディションE 部門本選(入賞(最高位)) 保谷こもれびホール  2006.3  ピアノ独奏
  • 「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2011 エリアコンサート」出演  丸ビルアトリウム  2011.4  ピアノ連弾
  • 「2012 アジア国際音楽コンクール」第 1位(ピアノ一般部門)  旧東京音楽学校音楽堂  2012.8  ピアノ独奏
  • 2012 アジア国際音楽コンクール入賞者演奏会ウィーン国立音楽大学リストザール  2013.3  ピアノ独奏

→本学教員一覧はこちら

三浦 和夫
  • 「認知症の行動・心理症状に対する介護職員のとらえ方と研修との関係について-在職年数別にみる内部研修の有効性-」 共著 2009年4月 日本認知症ケア学会誌8(1) 加藤伸司 51-59
  • 「通所介護職員における個別的職務満足感の関連要因について-組織的特性と仕事特性に焦点をあてて-」 単著 2013年1月 仙台白百合女子大学紀要第17号 77-86
  • 「通所介護施設職員における職場特性に関する研究-性別・雇用形態別の比較検討-」 単著 2014年5月 社会福祉学55(1) 89-99

→本学教員一覧はこちら

矢島 由佳
  • 「女子大生のコンビニ弁当の利用状況と実態調査―コンビニ弁当の内容調査からの意識づけ―」 共 2009.2 仙台白百合女子大学紀要第13号 髙澤まき子、世永明美 123-134頁
  • 身近な食品の廃棄率―学生による測定値と食品成分表の比較― 共 2010.3 仙台白百合女子大学紀要第14号  宮下ひろみ 173-183頁
  • 「女子大生のコンビニ弁当の利用状況と実態調査―コンビニ弁当の内容調査からの意識づけ―」  2008.5 日本食生活学会第36 回大会 
  • 「食生活状況と味覚感度に関する研究」 2015.5 日本家政学会第67回大会

→J-GLOBALはこちら

→本学教員一覧はこちら