「Berries 木の実」(1988)

「Berries 木の実」(1988)

1987年3月に竣工された講堂ホワイエのステンドグラスを制作した榎戸悦さんは、翌年の同窓会報(17号)に制作意図を次のように述べています。

「題は「ベリーズ」です。木の実を抽象してみました。ステンドグラスは四季折々、朝の光、夕暮れの光、晴れた日や曇った日、それぞれの光を一端飲んで、自ら美しく輝いていくのです。何よりもあのすばらしい窓一杯の自然と空のバックを壊してはいけないと念じつつデザインしました。晴れた日には、手作りの透明ガラスの部分が窓と同じくブルーに輝き、曇った日にはグレーに見えていきます。木や木の実のあの淡いピンクとグレーの色は、私の遠い少女の頃からの夢を追いかけている部分なのかもしれません。」

制作者:榎戸悦(仙台白百合学園卒業生)
設置場所:講堂内部側面