舟を抱えたマリア像「ステラマリス」

舟を抱えたマリア像「ステラマリス」

寄贈:仙台白百合女子大学・短期大学同窓会
設置場所:福利厚生棟「ステラマリス」入口

同窓会から大学の新校舎建設記念に寄贈されたもので、イタリアから取り寄せた船を抱えた珍しいマリア様の木像「ステラマリス」です。
「ステラマリス」とはラテン語で海の星という意味です。カトリックではマリア様をいろいろな敬称で呼びますが、これもその一つで、海を旅する舟人たちが嵐に遭い、舵取りを間違い、暗い海をさまよう時、空に一つの星の輝きを見つけて勇気に満ちて航海を続けるように、家族、友人間のもつれや青春時代の問題に悩む時、「ステラマリス」に来て友と語り合ってほしいとの願いが込められています。