仙台白百合学園小学校で「一日観察実習」(人間発達学科)

2017.02.10

2月9日(木)、人間発達学科初等教育コース2年生が、姉妹校の仙台白百合学園小学校において「一日観察実習」を行いました。

まず、校長先生から小学校教員になるための心得などについて講話がありました。

その後、一同は全学年の授業を見学しましたが、なかでも英語の授業のレベルと質の高さには驚くとともに大変感服しました。

また、今回の実習のハイライトである算数の授業を見学後、担当の先生による講義を受けました。算数の授業の技術的なお話とともに、新人教員だった頃の体験談などで盛り上がり、教員を目指す学生にとっては大変ためになる内容でした。講義の後、多くの質問が飛び交いました。

今年、教育実習を控えている学生にとって、大変有意義な一日となりました。