岩田靖夫文庫が河北新報に掲載

2017.04.17

本学カトリック研究所内に今年2月にオープンした岩田靖夫文庫が、河北新報4月16日の朝刊に掲載されました。哲学の文化功労者である故・岩田靖夫本学名誉教授のご遺志に基づき、ご遺族様より恵贈された蔵書約3000冊を収めた岩田靖夫文庫は、学内はもとより一般公開されており、地域の皆様のご利用をお待ちしております。岩田先生の書き込みや線引きがなされた貴重な哲学や宗教関係の蔵書を通して、学者人生を賭けた真理探究の足跡がうかがえます。東西の思想の接点を模索し、宗教的寛容の境地にたどり着いた岩田思想は、他宗教・他民族への排他的傾向が強まっているようにもみえる昨今、とりわけ求められる精神ではないでしょうか。