仙台白百合学園小学校で「一日観察実習」

2017.09.13

9月13日(水)、人間発達学科の1年生10名が、姉妹校の仙台白百合学園小学校において「一日観察実習」を行いました。

この実習は、学生自身が「初等教育コース」もしくは「幼児教育コース」のいずれかを選択する際に参考にするという目的があります。

まず、校長先生から小学校教員になるための心得などについて講話がありました。その後、一同は1年生から6年生までの授業を見学しましたが、中でもCLILコース対象の「英語による算数の授業」の質の高さには驚くとともに大変感服しました。

また、今回の実習のハイライトである算数の授業を見学後、担当の先生による算数の授業の理念などの講義を受け、有意義な一日の締めくくりとなりました。

CLILとは Content and Language Integrated Learning「内容言語統合型学習」の略で、仙台白百合学園小学校では英語と算数を英語のみで学ぶCLILコースを設けています)