東北キリシタン研究会を開催(カトリック研究所)

2017.11.21

本学カトリック研究所では、11月18日(土)の午後、「東北キリシタン」をテーマに高橋陽子先生、川上直哉先生による研究報告会を開催しました。同研究所では高橋研究員と川上研究員を中心として2016年度より「東北キリシタン研究会」を発足し、研究会を重ねてきましたが、今回はその経過報告を兼ねて、東北キリシタン受容史とその研究の意味、旧仙台領にキリスト教がもたらされたルーツ、「隠れキリシタン」の信仰とはどのようなものか、について興味の尽きない課題が提示されました。