学生が製作した段ボール遊具を通した子ども達との交流

2019.02.04

1月29日(火)に人間発達学科の1年生が「子どもの造形A」の授業で製作した段ボール遊具12点を本学科と交流が深い「明石南子どもの城」保育園に寄贈しました。
園の先生からも、子どもからも大変喜んでいただきました。
園長先生のご配慮により、5歳児クラスの子ども達と参加した本学1~3年生5名との遊具を通した交流もできました。
1年生の学生が未熟でありながら頑張って作ったものが、実際保育現場で子ども達により使われることは保育者を目指す学生にとっても、子どもにとっても良い交流のチャンスだと感じました。これからもより良い保育者、教員を養成するために保育・幼児教育現場との交流を深め、連携し続けていきたいと思います。

ダンボール遊具1.JPGダンボール遊具2.jpg
ダンボール遊具4.jpgダンボール遊具3.jpg