アフガニスタン女性警察官との交流会

2019.10.12

 928日(土)、独立行政法人国際協力機構(JICA)東京センターにて社会基盤・平和構築部ジェンダー平等・貧困削減推進室の方々を交えて本学とアフガニスタン女性警察官との交流会が開催されました。本学は、心理福祉学科から郡山昌明准教授、3年生・齋藤茉弥乃さん、健康栄養学科から大久保剛准教授、3年生・田中このみさんが参加しました。

 本学は、東日本大震災の様子を語り部として活躍している齋藤さんから、また震災時の被災地支援活動に焦点を当てた問題を郡山先生からプレゼンしました。実際にテロなどに晒されている状況で、被害者支援をどのようにして行くべきか、ディスカッションが行われました。そして最後は、田中さんから質疑応答で素朴なアフガニスタンに関する質問を行いました。

 女性の人権が十分に確立されていていない状況の中で生きている彼女達の語る思いは迫真に迫るものがあり、我々女子大学で女子教育に関わるものとしては、心に強く刺さる言葉が数多くありました。180度異なる文化的背景を持った方々と触れ合うことは、多様性の今後の社会を生きる上で非常に重要なことに思われます。

 なお、今回の様子は、来る1026日~27日に開催される本学学園祭にて発表させて頂きます。ご興味のある方は、是非お越し下さい(場所:郡山ゼミ・大久保ゼミブース)。

注)アフガニスタン警察は同国におけるドメスティック・バイオレンス(DV)等の女性に対する暴力の取り締まり強化、被害女性の救済・保護強化のためにJICAの支援を得て警察官(主に女性警官)の能力強化に取り組んでいます。

afghanistan-2.jpg