東北キリシタン巡礼バス遠足を実施(カトリック研究所)

2019.11.04

 みちのくの山々も秋色に染まりはじめた11/2()、カトリック研究所の企画で有志学生33名を乗せたスクールバスは、東北キリシタンゆかりの地を訪ねる巡礼遠足に向かいました。この日は気持ちの良い大晴天に恵まれ、大籠キリシタン殉教公園からクルス館に続く急勾配の細長い階段をずんずん登りきった先に、素晴らしい一関のパノラマを愛で、石巻のサン・ファン館では太平洋を一望できる牡鹿半島の青い海に心を広げました。

DSC05389.jpg DSC05395.jpg

DSC05412.jpg DSC05424.jpg

 遠藤周作氏が随想に訪問の思い出を記しておられる大籠は、江戸初期に300人を超えるキリシタン殉教者を生んだ地です。資料館に保存されている踏み絵やマリア観音、ジオラマや映像資料から、受けとめきれないほど重みのあるメッセージをいただきました。

DSC05432.jpg DSC05433.jpg

DSC05461.jpg DSC05482.jpg