よくあるご質問

よくあるご質問

Q1. 実験や実習はありますか?

食品学や栄養学の理論を学ぶために、多くの実験実習があります。専門的な知識と実際的な技術や技能が習得できるように、食品や栄養を中心とした実験実習が設けられています。

Q2. 学外実習について教えて下さい。

管理栄養専攻では、4つの学外実習があります。
「臨地実習Ⅰ」では学校や病院、福祉施設、自衛隊などで給食業務に必要な給食サービス提供に関する技術を実習します。
「臨地実習Ⅱ」では病院や福祉施設、自衛隊で給食業務運営の総合的マネジメントを実習します。
「臨地実習Ⅲ」では病院などで傷病者を対象とした栄養管理や食事管理を実習します。
「臨地実習Ⅳ」では保健所や保健センターで保健医療福祉介護システムの栄養関連サービスに関するマネジメントを実習します。
それぞれ実習の目的に添った施設で3・4年次にそれぞれ1週間行います。大学を離れ実践活動の場で、直接、管理栄養士のもとで専門的知識と技術を学びます。

Q3. 管理栄養士国家試験に合格できるか心配です。

授業中に傾向と対策をよく吟味して教えていきます。また、3年後期および4年前・後期において、専門科目の理解をより深めるために、「管理栄養演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ」の科目を履修することができます。ここで専門科目の知識をより確かなものにしてください。

Q4. 化学が不得意なのですが、大丈夫ですか?

入学してから十分に勉強できます。食品や栄養を中心とした多くの専門科目を履修するためには、化学の知識が必要になります。しかし、高校化学の知識が十分でないという人に対しては「基礎化学」がカリキュラムに組まれていますので、専門科目を理解するうえで必要な基礎知識を身につけることができます。さらに「有機化学」の科目も置いていますので、化学が不得意な人でも栄養素の構造や働きなどについて詳しく学ぶことができます。