キリスト教精神に基づく女子教育

各々の領域でリーダーシップを発揮できる女性を育成します。

 本学では、イエス・キリストの「愛の精神」に基づく女子教育を土台として、学生一人ひとりが調和的な人間性、幅広い教養、豊かな感性を持ち、各専攻分野における「人間の理解と援助」について、専門知識や技能を修得することを通して「社会への積極的対応」を可能にする創造力、判断力、実践力を養います。そして、各々の領域で、人間の真の幸福・安寧・福祉に貢献し、リーダーシップを発揮することができる女性の育成をめざします。
 現在、白百合卒業生は社会の各領域で活躍しています。白百合の伝統ある「愛の精神」に基づく女子教育は、多くの企業・団体より高い評価を得ており、白百合生への期待が年々高まっています。

東北で唯一の4年制カトリック女子大学

社会で求められるキリスト教的世界観を学びます。

 本学は、フランス・シャルトル市郊外のルヴェヴィルにあるシャルトル聖パウロ修道女会を設立母体とする、東北で唯一の4年制カトリック女子大学です。
 4年間の学生生活の中で、キリスト教学、人間論などの必修授業、修養会、アドベントの集い、クリスマス・ミサなどの宗教行事、聖歌を歌い、聖書を朗読し、その箇所についての解説や省察を聞きながら、祈りのうちに自己をかえりみるバイブルサービスなどを通して、本学の教育理念であるキリスト教的世界観について学びます。
 この学びは、学生一人ひとりが将来、優しい思いやりのある心と、献身的な奉仕を必要としている多くの人々のために尽くすことのできるホスピタリティの心を持った女性として、社会の各領域で活躍するための基礎となるものです。

少人数制教育の実現

教員との距離が近く、相談しやすい雰囲気です。

 本学における教育体制の特徴は、少人数制教育の実現です。学生数が少ない利点を活用して、各学科において充実した少人数教育体制を確立しています。学生と教員の距離が近く、学習面・生活面などにおいて相談がしやすい雰囲気づくりときめ細かいサポート体制の実現につとめています。
 各学科の教員体制は充実しており、特に国家試験受験対策においては、少人数教育体制の利点をいかして、学生と教員が向き合って、学習進度を逐次チェックしながら、計画的に最終目標に向かって進んでいくためのサポート体制を整えています。
 各クラスに専任の教員を置く「アドバイザー制」を設けており、より柔軟できめ細かな対応を心がけています。
 白百合における少人数制教育の実現は、一人ひとりの学生を大切に育て、社会の各領域に排出していくという本学の使命を共有するスタッフ一同の心のあらわれです。

洗練された白百合キャンパス

通学が便利で、
キャンパスからは絶景を一望することができます。

 白百合キャンパスは、仙台市営地下鉄南北線八乙女駅、泉中央駅からバスで約10分、停留所から徒歩約5分という恵まれた立地条件にあります。講義期間中はスクールバスが講義の開始・終了時刻に合わせて八乙女駅、泉中央駅と本学キャンパス内を循環します。メイン校舎の1号館からは仙台市街、中庭からは泉ヶ岳や蔵王連峰を一望することができます。泉中央駅や国道4号線からもほど近く、図書館や書店など、周辺には様々な商業施設が並びます。暮らしや学び、時には遊び、便利で充実した学生生活を送ることができる環境です。
 1966年の短期大学創設期から50年以上にわたり、本学の教育を支えてきた白百合キャンパスは、二度の震災を乗り越え、キャンパス整備を経て、洗練された現在の形になっています。オープンキャンパスの機会にぜひ白百合キャンパスを見に来てください。個別見学も随時受け付けます。本学スタッフ一同、心よりお待ちしております。

仙台からアジアへ仙台から世界へ

積極的な国際交流により、グローバル社会で求められる語学力、自主性、行動力を養います。

 本学では、英語圏やアジア諸国など8カ国16大学と留学(英語圏)もしくは交換留学(アジア諸国)に関する提携を結んでいます。これにより本学の学生は、提携校留学生(英語圏)または交換留学生(アジア諸国)として、本学に在籍したまま留学することが可能です。提携大学に留学する場合、留学先で受講した科目は、本学に戻った際に卒業単位としての認定を行います。グローバル・スタディーズ学科の学生は、留学しても4年間での卒業が可能です。
 それ以外にも本学では、「イタリア・フランス研修旅行」「グローバル・スタディーズ現地実習」「異文化体験」「国際福祉体験実習」などの海外研修・国際交流プログラムを提供しています。仙台からアジアへ、仙台から世界へ、積極的に国際交流をはかることにより、グローバル社会で求められる語学力、自主性、行動力を養います。

海外で活躍する卒業生

プロのバレエダンサーとして
学生の頃の学びが役に立っています。

Royal Winnipeg Ballet(ロイヤルウィニペグバレエ)
畑中 葵
2015年度 国際教養学科
(現:グローバル・スタディーズ学科) 卒業

 2歳でバレエを始め、小学生の頃からプロのバレエダンサーになろうと思っていました。仙台白百合学園高等学校で学び、一人ひとりの夢の実現をサポートしてくれる校風が気に入って、仙台白百合女子大学に進学しました。この学科を選んだのは、海外の活動を目指していたため、語学のほかに海外の文化や習慣を学ぶことが大切だと考えていたからです。
 夢に向かって進んでいたものの、「この道で間違っていないか」と不安を感じることもありました。そんなとき、加藤先生をはじめ先生方が親身になって相談に乗ってくださり、とても勇気づけられました。
 大学卒業後はアメリカのカンパニーで1年間活動し、翌年には拠点をカナダに移しました。バレエダンサーはオーディションを受けてカンパニーに所属します。所属してからも役をいただくためにオーディションを受けなければなりません。英語での受け答えや、履歴書やビデオ製作には、学生の頃に学んだ正式な英文法や形式的な言い回しが役に立っています。また、さまざまな国の文化や習慣を勉強してきたおかげで、そのことを話題にして相手との良好な人間関係を構築することもできています。
 大学生活は夢を叶えるための時間だと思っています。「今を生きる」という言葉がありますが、自分の気持ちや感覚に正直に向き合い、自分を認め、今しかできないことを精一杯やってください。