図書館

キャンパスメンバーズ

宮城県美術館 / 仙台市博物館 キャンパスメンバーズについて

(2019年 4月~2020年 3月末)

宮城県美術館

ストラスブール美術館展

ストラスブール美術館展

2019年9月13日(金) ~ 11月4日(月)

特別展

ストラスブール美術館展

ドイツの国境近く、フランス北東部アルザス地方の中心地ストラスブールは、10館にも及ぶ美術館、博物館を擁し、多岐にわたる優れたコレクションを所蔵しています。中でも1998年に開館したストラスブール近現代美術館は、印象派から現代美術までを網羅した18,000点に及ぶコレクションを誇り、フランス国内でも屈指の規模の美術館として知られています。
本展では、ストラスブール近現代美術館の多彩な作品によって、印象派の画家から20世紀美術の開拓者まで、近現代美術の流れを辿ります。
モネ、シスレーなどの印象派の画家たちが描いた風景。ゴーギャンやシニャックといった印象派以降の画家たちの色彩とタッチの変化。ロダン、カリエール、そしてローランサン、ピカソといった画家たちの個性豊かな表現。そして、キュビスム、抽象、シュルレアリスムなど、印象派からモダンアートへの展開をさまざまな視点で紹介します。
西洋近代美術史を語る上では欠かせない画家から、アルザス地方ゆかりの画家まで、ストラスブールからやってきた名品の数々をお楽しみください。

  • ■ 開館時間:9:30~17:00 (発券は16:30まで)
  • ■ 休 館 日:毎週月曜日 (9月16日、23日、10月14日、11月4日は開館)、9月17日、24日、10月15日

仙台市博物館

やっぱり絵図がすき!

やっぱり絵図がすき!

2019年10月11日(金) ~ 12月01日(日)

仙台市市制施行130周年記念 企画展

やっぱり絵図がすき!

あなたの今いる場所が昔はどんな場所だったか、知りたいと思ったことはありませんか?
仙台市博物館の敷地は、江戸時代には東丸(三の丸)と呼ばれた仙台城の一部分で、明治時代には軍隊の敷地となりました。現在も残る土塁や堀(長沼・五色沼)から城の面影を感じることができる場所です。
本展覧会では、仙台城下絵図や村絵図など江戸時代の「仙台」を描いた絵図、国絵図をはじめ仙台藩領を描いた絵図、世界を描いた坤輿(こんよ)万国全図など、多種多彩な絵図を紹介します。当時はそれぞれの用途のため作製された絵図ですが、今では土地の履歴や測量・作図技術、身近な地域のうっりかわりを知ることのできる、おもしろくて、大切なものです。今回は仙台市博物館所蔵の絵図コレクションを一堂に公開します。絵図が好きな方も、これから好きになる方も、博物館で旅をしませんか。

  • ■ 開館時間:9:00~16:45 (入館は 16:15まで)
  • ■ 休 館 日:毎週月曜日 (ただし、10月14日、11月4日は開館)、10月23日(水)、11月5日(火)

特別展観覧料・・・半額免除

常  設  展・・・無料観覧

  • □ 利用にあたって:入館する際、本学の学生証または身分証を受付に提示してください。
  • □ 期 間:2019年4月~2020年3月末 (以後、継続予定)
  • □ 休館日:毎週月曜日 (ただし休日にあたる場合は開館し、原則として翌日が休館)
  • 蔵書検索(OPAC)
  • 開館カレンダー