辻村みよ子先生による仙台白百合女子大学の特別講演

2022.07.06


テーマ 世界と日本のジェンダー平等
講 師 辻村みよ子先生(東北大学名誉教授・弁護士)
日 時 7月13日(水)13:00~14:30
会 場 オンライン・対面併用:講堂・Zoom
※全学共通基礎演習受講生以外の方は事前登録が必要です。
お問合わせ セバスティアン・マスロー(GS学科・講師)
Email :s-maslow@sendai-shirayuri.ac.jp

辻村みよこ先生写真.png

<講演概要>
日本のジェンダー平等が国際的にみて非常に遅れている現状にかんがみ、日本が国際基準に達するための諸課題を、女性の権利の歴史やポジティヴ・アクションの国際比較を交えながら、ジェンダー法学の視点から検討します。

<講師紹介>
東京生まれ、1972(昭和47)年一橋大学卒・1978年同大学院博士課程単位修得、法学博士。成城大学法学部専任講師・助教授・教授、パリ第二大学比較法研究所招聘教授、東北大学法学研究科教授、21世紀COE・グローバルCOE拠点リーダー、明治大学法科大学院教授、一橋大学非常勤講師(2013~2021)を経て、現在、弁護士(東京弁護士会所属)、ジェンダー法政策研究所共同代表 https://www.gelepoc.org. 朝日カルチャーセンター講師(朝カルオンライン「憲法とジェンダー」開講中)。国際憲法学会・日本公法学会理事、全国憲法研究会代表、ジェンダー法学会理事長、日本学術会議会員、内閣府男女共同参画会議員などを歴任。

<最近の著作>
辻村みよ子『憲法(第7版)』日本評論社(2021年)、辻村『比較憲法(第3版)』岩波書店(2018年)、同『比較のなかの改憲論』岩波新書(2014/2020年)、辻村他『概説ジェンダーと人権』信山社(2021年)、辻村著作集第1巻『フランス憲法史と立憲主義』信山社(2020年)、 第2巻『人権の歴史と理論』(2021年)、第3巻『国民主権と選挙権』(2021年)、第4巻『憲法とジェンダー法学』(2022年)、第5巻『家族と憲法』(2022年7月近刊)、専門雑誌『憲法研究』第1号~10号(2017~2022年)責任編集など。