学部・学科案内

グローバルスタディーズ学科

グローバル・スタディーズ学科

カリキュラム・科目

カリキュラムポリシー

グローバル・スタディーズ学科ディプロマ・ポリシーを達成するために、学部共通科目と、国際社会の仕組み、多様な文化のもとで共生する人間の営み、及び、現代のグローバル世界の情報・知識を理解する専門科目群とが有機的に結びついたカリキュラムを編み、また学科の3つのスタディ・コース(「イングリッシュ・インテンシブ」「グローバル文化」「共生社会」)に基づく体系的なカリキュラムを編成する。

1.
大学の基礎的な学修方法を習得するために、2年次にグローバル・スタディーズ基礎演習を設け、また、3年次・4年次に専門分野の研究課題・方法を深く学ぶために、グローバル・スタディーズ総合演習Ⅰ~Ⅳを設ける。
2.
専門科目を「英語基礎」、「言語コミュニケーション」、「多文化」、「現代社会」、「グローバル・キャリア」、「実践・実習」、「教職」等の科目群に分け、多角的な学修をカリキュラムに組み入れる。
3.
3つのスタディ・コース(SCと表記)のいずれかにおける専門知識・スキルを学ぶ。イングリッシュ・インテンシブSCでは、英語の運用能力・コミュニケーション力を高めるための科目のほか、英語圏の歴史や文化を学ぶための科目をおく。グローバル文化SCでは、中国語・韓国語の運用能力・コミュニケーション力を高めるための科目のほか、日本・アジアの歴史や文化を学ぶための科目をおく。共生社会SCでは、多文化共生社会の実現に向けて、グローバルな現代の様々な社会的課題を理解し考察を深めるために、社会科学の手法による、基礎的知識を習得するための科目、及び、調査や実践的な学びによる主体的な学修による科目等をおく。
4.
国内外における国際交流等の参加体験を通してグローバル社会を探究するために、異文化体験、及び、グローバル・スタディーズ現地実習をおく。
5.
グローバル社会において活躍できる実践力の確実な育成として、情報・ビジネスに関する科目、日本語教員養成課程に関する科目、及び、児童英語教育に関する科目をおく。

カリキュラム体系図

国内外における国際交流を体験し、異文化理解を深めるとともに、グローバル社会の諸問題を探求します。

カリキュラム体系図

カリキュラムマップ

グローバル・スタディーズ学科では、ディプロマポリシーを実現するためのカリキュラムマップを作成し、履修指導や授業の運営に活用しています。

カリキュラムマップはこちら

科目ナンバリングはこちら

主な科目

多くの専門科目を学ぶことによって広がりのある研究が可能となります。その豊富な専門科目の一部を紹介します。

English Tutorial Ⅱ

English Tutorial Ⅱ

少人数制での指導によって、英語の運用能力や実践的なコミュニケーション能力などについて養成していきます。

日本語学 Ⅳ

日本語学 Ⅳ

日本語学の授業は4つあります。ここでは、日本語を教えるうえでも必要な知識として、言語学=言語のしくみの基礎を学びます。後半は、日本語学習者からの質問を収集し、効果的な教え方を討議・検討します。

English ⅡB

English ⅡB

様々なジャンルや話題の英語を読むことで、語彙や文法的知識、英語の表現などについて理解していきます。

フィールド・スタディ論・Ⅰ・Ⅱ

フィールド・スタディ論・Ⅰ・Ⅱ

社会調査の基礎を学び、学内外で観察調査・アンケート調査・インタビュー調査を行います。一連の調査を通じて、地域コミュニティの課題について検討します。

「グローバルな行動力」を身につけるために

グローバル社会で活躍する女性に欠かすことのできない自主性や行動力、構想力やスキルを育てるために、学科ではバラエティに富んだ取り組みを展開しています。それぞれの学生はテキストによる知識だけではなく、学科が提供する参加型の学びを通して、自分で計画をたて、他人と協調してそれを実現・実践できるようになることが期待されています。

ANAエアライン学内講座

2015年に、仙台白百合女子大学はANAビジネスソリューション(株)と教育連携協定を結びました。それにともなって、キャビンアテンダントやグランドスタッフを目指す人たちのために、ANAエアラインスクールの講座がキャンパス内で開催されるようになりました。現役CAから教えられるビジネスマナーやサービスの基本は、エアラインの世界で働こうとするグローバル・スタディーズ学科の学生にとって最高の準備となります。

ディズニーワールド・インターンシップ

グローバル・スタディーズ学科に入ると、フロリダ州ディズニーワールドでのアカデミックトレーニングに応募することができます。これは、世界中から集まった大学生と共に学び、暮らし、働きながら、グローバル感覚とスキルを身につけることを目指す5ヵ月間のプログラムです。ホスピタリティビジネスの最高峰に位置づけられる「ディズニー」で学び、そのクルーとして働くことを体験することができます。

8カ国16大学への留学

学科からは毎年、多くの学生が英語圏やアジア諸国の16の提携校・協定校へと留学します。そこで取得した単位や履修した授業は、卒業のための単位として認定されるので、留学しても4年間での卒業が可能な「留学しやすいシステム」となっています。

学科の魅力

協定校の数が充実しているので、留学へのチャンスが数多く開かれています。
アジアを理解するために「異文化体験」が実施されます。台湾や韓国、シンガポール、香港などに行きます。
英語の語学研修を兼ねた「グローバル・スタディーズ現地実習」がアメリカやカナダ、オーストラリアなどで実施されます。
海外での研修が必修となっています。一人あたり10万円の助成がなされます。
「ビジネス・インターンシップ」や「NPO・NGOインターンシップ」、海外での「日本語教育実習」といった体験学習が豊富です。
外国語運用力を強化するために「ランゲージカフェ」が設置され、英語、韓国語、中国語をマンツーマンで練習することができます。

[協定校]

  • ベネディクティン大学(アメリカ・カンザス州)
  • カリフォルニア大学リバーサイド校(アメリカ・カリフォルニア州)
  • バレンシア大学(アメリカ・フロリダ州)
  • エディンバラ大学(イギリス・スコットランド)
  • ヴィクトリア大学(カナダ・ブリティッシュコロンビア州)
  • ニューサウスウェールズ大学(オーストラリア・シドニー市)
  • セントポール大学マニラ校(フィリピン・マニラ市)
  • セントポール大学イロイロ校(フィリピン・イロイロ市)
  • セントポール大学ドゥマゲッティ校(フィリピン・ドゥマゲッティ市)
  • 釜慶大学校(韓国・釜山広域市)
  • 韓国カトリック大学(韓国・ソウル市)
  • 誠信女子大学校(韓国・ソウル市)
  • 山西大学(中国・太原市)
  • 山西大学商務学院(中国・太原市)
  • 静宜大学(台湾・台中市)
  • 開南大学(台湾・台北市)

卒業認定・学位授与に関する方針

所定の単位を修め、以下のような能力を身につけた学生は卒業が認定される。

(1)
グローバル化が進む国際社会における多様な社会的・文化的な状況や構造、システムを幅広い専門的知識の探求を通して多角的に理解している。
(2)
英語等の外国語の運用能力や実践的コミュニケーション能力を身につけ、また、その言語を育んだ文化・歴史・社会・宗教を理解している。
(3)
グローバル社会で生じる歪みや社会的不正義の問題について批判力を持ち、その解決へ向けて動き出すための創造力や主体的な行動力を有する。

2016年度以前の卒業認定・学位授与に関する方針はこちら