学部・学科案内

健康栄養学科

健康栄養学科

カリキュラム・科目

カリキュラムポリシー

健康栄養学科のディプロマ・ポリシーを達成するために、以下の指針に基づき健康と栄養を主軸とした人間の理解および支援に関する専門科目のカリキュラムを編成する。
1.
学科の初年次教育(1年次)の中心的科目として、専門科目を学ぶために必要な基礎力の向上を目的とした「健康栄養基礎演習」、栄養学・栄養士の発展の歴史から、地球規模の栄養の課題、生活習慣病、生命の尊厳と生命倫理観について学び、管理栄養士の使命感を理解することを目的とした「健康栄養論」を置く。
2.
専門科目を「専門基礎分野」「専門分野」「その他」に分け、「専門基礎分野」「専門分野」の科目で管理栄養士の養成を重点的に行う。「専門基礎分野」では、社会および環境と健康の関わり、人体の構造と機能および疾病の成り立ちおよび食べ物と健康に関わる科目を置く。「専門分野」では、基礎栄養学、応用栄養学、栄養教育論、臨床栄養学、公衆栄養学および給食経営管理論を置く。「専門分野」の発展的内容の科目として臨地実習と総合演習を置く。
3.
専門科目の「その他」では、健康と栄養に関連した食の専門職としての知識および技能の修得を目的としたカリキュラムを提供する。具体的には、フードスペシャリスト、食品衛生管理者および食品衛生監視員の各資格取得に必要な科目が含まれる。また、教育職の資格取得に必要な科目を置き、栄養教諭一種免許の取得を可能とする。
4.
1、2年次に多くの「専門基礎分野」と「専門分野」の科目を学修することで専門職に必要な基礎知識を身につけ、3、4年次には主に「専門分野」の発展的内容(横断的学習内容)の科目である臨地実習や総合演習を通して、管理栄養士としての倫理観、知識および技能を学修し、管理栄養士としての自覚と実践力を身につける。
5.
専門分野での課題に関する問題解決力と研究力を養うことを目的に、少人数体制で指導を行う健康栄養研究法(ゼミ)や卒業研究を設ける。また、スポーツ分野の管理栄養士に興味がある学生のために、スポーツ栄養に関する科目を置く。

カリキュラム体系図

「健康づくりの専門職」としての管理栄養士に要求される広い知識と実践技能を修得できる、系統立ったカリキュラム編成になっています。

カリキュラム体系図

カリキュラムマップ

健康栄養学科では、ディプロマポリシーを実現するためのカリキュラムマップを作成し、履修指導や授業の運営に活用しています。

カリキュラムマップはこちら

科目ナンバリングはこちら

主な科目

多くの専門科目を学ぶことによって広がりのある研究が可能となります。その豊富な専門科目の一部を紹介します。

生化学実験

生化学実験

DNAの抽出、特定遺伝子のPCR増幅、タンパク質やDNAの電気泳動、遺伝子組換えなどの実験を通して、生化学の内容を理解していきます。

栄養教育論実習

栄養教育論実習

栄養教育の必要性とその方法について学びます。ライフステージ別に、栄養教育の実践活動も取り上げながら進めていきます。

調理学実習

調理学実習

種々の食品のもつ特性と調理過程における現象を科学的に捉え、適切な食品の選択や組み合わせができる基礎技術と調理技術を習得します。

応用栄養学実習

応用栄養学実習

妊娠期から高齢期にわたるライフステージごとの特性を理解し、効果的な栄養ケア・マネジメント技術を習得します。

優れた管理栄養士になるために

みやぎさかな絵合わせカードで食育活動

みやぎさかな絵合わせカードで食育活動

「みやぎさかな絵合わせカード」を用いて、幼稚園での食育活動を行っています。このカードは「子供の頃から魚に親しんでもらいたい!」「宮城の漁業を応援したい!」と学生が考え、宮城県水産業振興課で作成したカードです。このような、カードゲームをしながら子供たちと触れ合い、相互に学びあうことができる学外での活動は、社会で活躍する管理栄養士を具体的にイメージできる場でもあります。

栄養教育論実習

栄養教育論実習

スポーツ栄養の考えに基づいてマイナビベガルタ仙台レディースへの「まごころ弁当」の提供を行っています。また、同じくジュニアユース選手には、定期的に栄養セミナーを開催し、筋力などの身体状況や食事調査をもとに栄養相談をしたり、お勧め料理の提案を行ったりしています。このような実践的な活動には多くの学びが含まれています。

卒業認定・学位授与に関する方針

所定の単位を修め、以下のような能力を身につけた学生は卒業が認定される。

(1)
人の健康と栄養および疾病の成り立ちに関する専門基礎知識を身につけている。
(2)
人間の食行動と食環境を把握しエビデンスに基づく基準に照らして、健康・栄養課題への支援や対策の実践的方法の基礎を身につけている。
(3)
ヒューマニズムと倫理観を持って社会に貢献し、人々との信頼関係(又は、良好な人間関係)を築く素養を身につけている。
(4)
健康や食に関する多種の専門分野から得意の分野を併せ持った管理栄養士としての自覚を持つことができる。

2016年度以前の卒業認定・学位授与に関する方針はこちら