学部・学科案内

人間学部 学部長あいさつ

学部長あいさつ

自分の発見と夢の実現へ

学部長 写真 学部長 小嶋 文博

 人間学部は、学長メッセージにございますように、キリスト教の愛の精神を土台としています。キリスト教の愛の精神とは、福音書にある「隣人をあなた自身のように愛しなさい」というところに集約されていると言ってよいでしょう。真理とは、時代が変わっても決して変わることのない物の考え方です。愛の精神は、正にこの真理に値します。他人を思いやり、他人を助け、まわりとの調和をとって、世の中に貢献する、そんな人材を育成するのが人間学部です。

 時代が変わっても決して変わることのない真理がある一方、私たちを取り巻く社会・環境は大きく変わりつつあります。このような中で、社会に貢献できる人間となるには、教養を高め、学問を修めるだけではなく、ある分野の専門的知識が必要とされる場合が多くなりました。また「隣人」の捉え方も、単に近くにいる人というだけではなく、地球規模での世界の人々を対象としなければならない時代に突入しました。日本国内だけでも、少子高齢化や貧困・格差問題などがありますが、食糧問題、環境問題、エネルギー資源問題・・・など、地球規模での課題も多くなり、持続可能な未来社会のためにはグローバルな視点・考え方が大切になったからです。

 このような点を踏まえ、本学の人間学部には4つの学科がございます。未来を担う子どもの教育・育成に関わる人材を育成する人間発達学科、高齢者福祉のほか福祉全般・心の問題に取り組む人材を育成する心理福祉学科、健康・栄養問題や食品問題に取り組む人材を育成する健康栄養学科、外国語によるコミュニケーション能力を高めグローバルな課題に取り組む人材を育成するグローバル・スタディーズ学科の4学科です。

 大学では、まず真の自分を発見してください。真の自分を発見することには勇気がいるかも知れません。そして多くのことを苦労しながらでも学んでほしいと思います。私たちは、皆さんが思った通りの自分になれるよう手助けいたします。夢を夢で終わらせるのではなく、実現させるのです。夢は具体的(いつ、どうなる)なほど実現しやすくなるでしょう。そして未来の夢の実現には、今の一歩が大切なのです。この一歩を確実に踏み出せるよう導くのが人間学部です。

 校章の「百合の花」は、聖母マリアに捧げられた「純潔」のシンボルとされております。このシンボルのもと、女子大学である本学で、設立母体であるシャルトル聖パウロ修道女会の創設の精神である「社会から忘れられがちな人々への奉仕を優先する」といった優しい心を育んでほしいと思います。

人間学部の教育研究上の目的

教育研究上の目的

人間学部は、本学の教育理念であるキリスト教精神に基づく「人間の理解と援助」「社会変化への積極的対応」を実現するために、人間・人間の営為・人間社会の多元的な教育研究を行い、各々の領域でリーダーシップを発揮できる女性の育成を目的としている。

人間学部のカリキュラムポリシー

本学のディプロマ・ポリシーに掲げるカトリック・キリスト教精神に基づく世界観や人間観及び幅広い教養と専門的知識の修得のために、以下の方針に基づき人間学部のカリキュラムを編成する。

(1)
本学の教育目標に基づく学びとして、学科の枠を超えて学部共通科目を設置する。この学部共通科目には、建学の精神に関する科目、基礎教育科目、教養共通科目、グローバル化に関する科目、キャリア科目を置く。この科目群の中に、本学の初年次教育の主要な科目を配置し、キリスト教学や基礎教育科目としての基礎ゼミ、日本語表現、情報科目等を必修とする。
(2)
人間・文化・自然に対する幅広い知識と素養を身に付けるための教養共通科目には、人文科学、社会科学、自然科学(健康スポーツ領域を含める)からなる科目を置き、多様かつ総合的な理解力を培う学びを進める。また、グローバル化に関する科目には、英語等外国語を学ぶ科目に加えて国際関係や異文化理解に関わる科目を置く。
(3)
各学科には、学科の専門分野を学び、専門的な知識・技能を習得するための専門科目を体系的に置き、併せて資格取得のための諸課程を設置する。 また、所属学科以外の専門分野を学ぶことができるように、関連科目として他学科に専門科目の一部を提供する。
(4)
演習・実習、フィールドワーク、海外研修、留学、インターンシップ等、学内外での体験・実践を通じて能動的・自律的に学修する機会を設ける。
(5)
学生の主体的な学修を進めるために、履修順序、内容レベル、時間割編成に配慮し、少人数のクラス編成及びきめ細かな授業の展開・方法を図る。
(6)
学部共通科目及び専門科目等すべての科目について、学生の学修が適切に進むように、各科目の到達目標に基づいて学生の知識・技能等の能力を総合的に評価する。

人間学部の卒業認定・学位授与に関する方針

仙台白百合女子大学で以下のような能力を身につけ、かつ、所定の単位を取得した学生は、卒業が認定される。

(1)
建学の精神に則り、カトリック及びキリスト教について理解しており、その精神に基づいた世界観や人間観及び知識・能力を身につけていることを学位授与の条件とする。
(2)
建学の精神に則り、全面的・調和的に発達した人間性や幅広い教養と豊かな感性を持ち、創造力、判断力、実践力を有するとともに、人間の真の幸福・平和・福祉に貢献できる女性となることを学位授与の条件とする。
(3)
人間学部として提供する人間の理解や援助に関する専門的知識と、社会の変化に積極的に対応しえる判断力・思考力・実践力を持っていることを学位授与の条件とする。

単位の修得方法

学科・専攻/科目 共通科目 専門科目 卒業単位
人間発達学科
子ども発達専攻
30単位以上 70単位以上 124単位以上
心理福祉学科 30単位以上 70単位以上 124単位以上
健康栄養学科
管理栄養専攻
34単位以上 74単位以上 124単位以上
グローバル・
スタディーズ学科
26単位以上 70単位以上 124単位以上

2016年度以前の単位の修得方法はこちら