学部・学科案内

心理福祉学科

心理福祉学科

現代社会においては、人びとが幸福に自分らしく生きていくために、心理や福祉の専門的な知識と技術が求められています。心理福祉学科では、心理と福祉の両面から専門性を身につけ、それを社会で様々に活かしていくことのできる女性を育てます。

学科長メッセージ

心理学と社会福祉学を学び、人びとの幸せの実現を追求する

心理福祉学科長の写真 学科長 渡邊 兼行

 心理福祉学科は、心理学と社会福祉学の2つの学問を学びながら、人びとの幸せの実現に取り組む学科です。そのためには、理論を学び、社会や制度を学び、科学を学び、技術を学び、......と学ぶことも多いのですが、その中でこそ、確実な知識と実践力を身につけることが可能になります。さらには、この学びは公認心理師、社会福祉士、精神保健福祉士といった専門職の資格の取得にもつながっていきます。
 本学科では学びのための環境として、少人数の丁寧な授業、実践を重んじた演習・実習の教育、授業外での種々のサポートが用意され、心理と福祉の各分野で力を磨いてきた教員スタッフが皆さんをお待ちしています。この心理福祉学科で皆さんが専門職として、あるいは一般企業や家庭など様々な社会の現場で、人びとの幸せな未来を実現できる力を身につけることを期待しています。充実した4年間の学びとキャンパスライフを通して、幸せな未来への一歩を踏み出しましょう!

学科の特徴

特徴1少人数で丁寧な、一人ひとりに目の行き届く教育を提供しています。

1クラス10人程度のゼミを1年から4年まで開講し、入学から卒業まで一人ひとりを手厚くサポートしながら、学生の成長を支えていく体制が整っています。

特徴2体験と実践を重視し、豊富な実習・演習科目によるアクティブ・ラーニングを行っています。

1年次から現場での実習科目や演習科目を多く開講し、アクティブ・ラーニングを通して専門的な実践力と自ら成長する力を磨くことができます。

特徴3学生の未来を切り拓くための、種々のサポートを用意しています。

正規の授業に加えて、資格取得のための国家試験対策や大学院進学のための受験対策など、学生の未来につながる授業以外のサポートも広く行っています。

ゼミの紹介

《結城ゼミ》 日常生活に根ざした人間の不思議さを探求する

日常生活の中で、ふと「何でだろう?」と思う瞬間はありませんか。もしかすると、その疑問の多くは「人間」が関係しているかも知れません。ゼミでは、「個人と個人」「個人と集団」「個人と社会・環境」など他者との様々な関わりの中で生じる心の動きについて、身近なテーマで研究を進めています。単なる文献研究にとどまらず、ゼミ生の興味・関心のあるテーマについて議論し、「何でだろう?」をとことん探求していきます。

《吉田ゼミ》 自らが立てた問いに自らがこたえを導き出す

施設利用者が尊厳ある生活を営むための課題とは何か、を共通テーマにしています。はじめに当事者の声や施設生活に関連する文献講読、学外授業(百聞は一見にしかず?!)から問題提起します。そこから得た疑問を個人研究に発展させ学びを深めます。学生の自由な発想を大切にしているため個々の研究テーマは多岐に及びますが、私自身も研究の幅が広がり楽しく学んでいます。

理念・方針

教育研究上の目的

心理福祉学科は、本学の教育理念であるキリスト教の愛の教えに基づき、すべての人間の尊厳と価値を認識して、人間の心理を科学的に理解する力、人間の福祉を深く探求し自己実現を図る力を身につけ、医療・福祉・教育などの多分野にわたり専門性を以って社会に貢献する人材を育成することを目的とする。

【2年次から】心理コース

心理学を通して、人間を理解するための様々な方法を学びます。

講義による知識の伝達だけではなく、実験や演習の中でデータを集め分析していく過程を通じて、心理学の研究法とその背景にある科学的・客観的な人間理解の姿勢を養います。また心理アセスメントや心理面接など、自己理解や他者理解の方法を学ぶことで、福祉・医療といった現場はもちろんのこと、一般企業や日常生活の様々な場面で活かされる専門性を身につけることができます。
本コースでは、(公社)日本心理学会・認定心理士の資格取得と、心理の国家資格である公認心理師の受験資格のために必要なカリキュラムを提供しています。また、福祉の学習を同時に進めることで社会福祉士・精神保健福祉士といった福祉専門職の受験資格を取得することも可能です。これらの資格を取得することで、心に寄り添い、人を支える専門職としての可能性がさらに広がることでしょう。

【2年次から】福祉コース

社会で活かせる福祉の専門的な知識と技術を学びます。

年齢や障害の有無を問わず、誰もが地域で自分らしく生活できるようになることが福祉のねらいです。子どもの虐待やいじめ、貧困問題、認知症高齢者の増加、医療依存度が高い障害者などの生活課題を解決するには、福祉に関する専門的な知識や技術が必要です。
本コースでは、講義・演習・実習を有機的に組み合わせたカリキュラムを展開し、現場で活躍できる福祉専門職、社会の様々な場面で福祉の専門性を活かせる女性を育成していきます。福祉の学習を進める中で社会福祉士・精神保健福祉士の国家試験の受験資格を取得することができます。また、心理学の学習も同時に進めることで、認定心理士を取得して心理の視点を備えた福祉専門職をめざすことも可能です。