遠隔(オンライン)授業実施に係る運用ルールについて

2020.05.21

前期の授業は5月11日(月)より開始となりましたが、6月30日(火)まで遠隔授業で実施(予定)されます。

「遠隔(オンライン)授業実施に係る運用ルールについて 」を作成しましたので、学生の皆さんは必ず確認してください。また、みなさんの不安を少しでも解消すべく、電話やメールによるお問い合わせ窓口を設けていますので、活用してください。

今後も、重要な連絡を、このホームページや学生ポータルサイト(ゆりっぽ)を使っても連絡します。
特に「ゆりっぽ」は毎日確認し、大事な情報を確認し忘れることのないよう、十分注意してください。
「遠隔授業」では、学生の皆さんの自律的な学修参加が不可欠です。
大学に通学して授業に臨む場合と同じように、主体的な学修習慣を確立するよう心掛けてください。

1. 授業開始にあたっての基本方針(遠隔授業)

 大学教育継続の重要性と学生の皆さんの感染リスクや学修への不利益を最小限とするために、5月11日から6月30日まではICTを活用した「遠隔授業」を実施します。

2.「遠隔授業」についての基本方針

 本学では学修支援ツール「manaba(マナバ)」を中心に、「ZOOM(ズーム)」や「Respon(レスポン)」も利用しながらオンライン上における「遠隔授業」を行います。また、先生によっては、「Google classroom」などを利用する先生もいますので、授業時にご確認ください。
 授業実施に関する情報は、「manaba」 のコースニュースや「ゆりっぽ」に掲載されている内容に従って受講してください。

2-1 本学における「遠隔授業」の形態
 本学では、以下の形態をもって「遠隔授業」を実施します。

①「同時双方向型(リアルタイム配信、ライブ配信)授業」
 Zoomなどのビデオ会議システムを利用し、基本的には時間割の開講曜時限にあわせて授業が行われます。教員と学生がオンライン上で集まり、映像と音声、資料を共有しながら授業を行います。
 いずれも、授業実施方法は「manaba」上に示され、zoomまたはmanaba、Respon等において質疑応答の機会が設けられます。
 時間割にある開講曜時限の時間帯以外にも、公開期間内に資料を繰り返し視聴し、学修を積み重ねていくことが重要です。

②「オンデマンド授業」
 同時双方向ではなく、授業動画、音声付きのパワーポイントなどを「manaba」上で視聴、あるいは、提示された資料や教科書をもとに教員の指示に従って課題を提出するなどの授業です。

2−2 授業の進め方
 Zoomを利用した「リアルタイム型」授業は、データ通信量が大きくなることや学生の心身の負担感、授業内容を考慮し、90分間の時間配分および進め方は先生により異なります。
 また、manaba上にアップロードできるファイル容量の上限が決められているため、オンデマンド型の授業や資料のファイルサイズが大きい場合には、オンラインストレージサービス(OneDrive, Google Drive等)の共有フォルダにデータをアップロードされていることもあります。資料のダウンロードは、担当教員の指示に従って進めてください。

3.出欠の取り扱いについて

3−1 出欠について
 「遠隔授業」であっても、授業への出席は必要です。
 授業により出席の確認方法は異なりますが、基本的には「Respon」を利用して出席を取りますが、他にも「manaba」やzoomへのアクセス記録や課題の提出等により授業への参加をもって出席として扱います。なお、通信障害等の不可抗力により欠席になった場合には、担当教員にその旨を伝えてください。但し、出欠については、総合的に判断されます。

3−2 遅刻について
 通信環境によるトラブルが生じ、授業への参加が遅れてしまう可能性もあることから、原則として、遅刻の判断は科目担当教員の裁量に委ねることとします。また、教員が独自に遅刻の時間を設定する場合、シラバスに基準を明示する必要があります。ただしその場合も、当該学生から遅刻の理由を聴取し、総合的に判断します。

4.事前・事後学習について

 「遠隔授業」に参加するだけでなく、授業に関連した予習、復習は不可欠です。各自計画を立てて遠隔授業に臨んでください。

5. 教科書について

 遠隔授業をうける際には、手元にテキストを用意し、他に先生から示された資料などをもって授業が進められます。

 シラバスを参照し、大学生協(みやぎインターカレッジコープ)に注文してください。
 4月中に注文書を大学生協に郵送した方は既にお手元に届いていると思います。5月に入ってから注文した教科書は、順次、郵送しています。

大学生協(みやぎインターカレッジコープ) 本店:022-717-4747
仙台白百合女子大学:022-771-2341

6. 成績評価について

 成績評価基準及びその方法がシラバスに記載されていいますが、遠隔授業によりその内容から変更となる場合があります。
 1回目の授業で説明がありますが、不明な場合は必ず担当教員に確認してください。

7. 教材・映像等の著作権について

 「遠隔授業」を受講するうえで皆さんが受信した講義資料(動画、画像、音声、小テスト、資料等)には著作権があります。
 ZoomのURL、授業の資料(録画が音声データを含む)、その他のあらゆる授業に関する情報は、決して外部に公開しないでください。また、授業中の録画・録音・画面撮影は、学生皆さんの個人情報の漏洩、担当教員の知的財産の侵害につながるため禁止いたします。但し、配慮が必要な学生については、担当教員に相談をしてください。
 学生の皆さんは各自の学修のために講義資料を使用することができますが、これらを他者がアクセスできるところ(TwitterやSNSなど)で共有するなどの行為は著作権侵害になることがあります。
 「遠隔授業」で配信される教材は、履修者の学修のために配信されるものであることに注意して、以下を参考に取り扱いには十分注意してください。

◎ 皆さんがしてもよいことの例

PDF等の講義資料を印刷して自分の資料とすること。
配信された動画を閲覧すること。

× 皆さんがしてはいけないことの例

パワーポイントやPDF等の講義資料を、SNS上にアップロードすること。
パワーポイントやPDF等の講義資料を、その講義の受講生以外に渡すこと。

8.「遠隔授業」における個人情報の保護について

 大学では、「遠隔授業」の実施によって個人情報が漏洩しないように十分注意してシステム運営を行います。
 同時に皆さんも通常行われる教室での授業以上に個人情報の保護に留意してください。

9.通信環境の整備について

 「遠隔授業」受講に伴い、学生の皆さんには各自の事情に合わせてネットワーク環境整備へのご協力をお願いします。各電気通信事業者では、大学での遠隔授業における学生の皆さんの通信環境の確保等のために特別な支援措置が出されていますので、これらを適切に活用し、オンライン上における学習に取り組んでください。

10.問い合わせ先

 遠隔授業の受講に関するお問い合わせは下記までご相談ください。

遠隔授業相談窓口(学生用) 教務課
業務時間:8:30~17:15(月~金)
電話番号:022-374-5026
Mail: