図書館

キャンパスメンバーズ

宮城県美術館 / 仙台市博物館 キャンパスメンバーズについて

(2019年 4月~2020年 3月末)

宮城県美術館

アイヌの美しき手仕事

アイヌの美しき手仕事

2020年1月25日(土) ~ 3月15日(日)

特別展

アイヌの美しき手仕事

今から約80年前の1941 (昭和16) 年、民藝運動の主唱者である柳宗悦は、アイヌの手仕事の美しさに着目し、日本民藝館で「アイヌ工藝文化展」を開催しました。作品選定と陳列を任されたのは、柳を師と仰いだ染色家の芹沢銈介で、染織、木工芸など600点を紹介。これが芸術的観点からアイヌの造形美を取り上げた最初の展覧会となりました。さらに柳は、雑誌『工藝』 (106号、107号) でアイヌ文化を特集し、「美しいのみならず、立派でさえあり、神秘でさえあり、その創造の力の容易ならぬものを感じる」とその造形世界を高く評価したのです。
「アイヌ工藝文化展」に展示されたアイヌコレクション (杉山寿栄男蒐集) の多くは、残念ながら戦災で焼失しましたが、アイヌの美に魅せられた柳宗悦と芹沢銈介は、その後、多くの衣装や工芸品を集め、それらは現在、日本民藝館、静岡市立芹沢銈介美術館などに受け継がれています。
この展覧会では、柳宗悦と芹沢銈介の眼によって蒐集されたコレクションを中心に展示し、壮麗で力強い造形美を紹介します。

  • ■ 開館時間:9:30~17:00 (発券は16:30まで)
  • ■ 休 館 日:毎週月曜日 (ただし2月24日は開館)、2月25日

仙台市博物館

やっぱり絵図がすき!

やっぱり絵図がすき!

2019年10月11日(金) ~ 12月01日(日)

仙台市市制施行130周年記念 企画展

やっぱり絵図がすき!

あなたの今いる場所が昔はどんな場所だったか、知りたいと思ったことはありませんか?
仙台市博物館の敷地は、江戸時代には東丸(三の丸)と呼ばれた仙台城の一部分で、明治時代には軍隊の敷地となりました。現在も残る土塁や堀(長沼・五色沼)から城の面影を感じることができる場所です。
本展覧会では、仙台城下絵図や村絵図など江戸時代の「仙台」を描いた絵図、国絵図をはじめ仙台藩領を描いた絵図、世界を描いた坤輿(こんよ)万国全図など、多種多彩な絵図を紹介します。当時はそれぞれの用途のため作製された絵図ですが、今では土地の履歴や測量・作図技術、身近な地域のうっりかわりを知ることのできる、おもしろくて、大切なものです。今回は仙台市博物館所蔵の絵図コレクションを一堂に公開します。絵図が好きな方も、これから好きになる方も、博物館で旅をしませんか。

  • ■ 開館時間:9:00~16:45 (入館は 16:15まで)
  • ■ 休 館 日:毎週月曜日 (ただし、10月14日、11月4日は開館)、10月23日(水)、11月5日(火)

特別展観覧料・・・半額免除

常  設  展・・・無料観覧

  • □ 利用にあたって:入館する際、本学の学生証または身分証を受付に提示してください。
  • □ 期 間:2019年4月~2020年3月末 (以後、継続予定)
  • □ 休館日:毎週月曜日 (ただし休日にあたる場合は開館し、原則として翌日が休館)
  • 蔵書検索(OPAC)
  • 開館カレンダー