アドミッション・ポリシー
[入学者に対する受入方針]

(1)求める学生像
  1. 子どもの成長・発達・教育の支援に強い関心を持ち、保育・教育の理論と実践について旺盛な学習意欲を持つ学生を求めます。
  2. 人間や社会に深い関心を持ち、特に子どもを理解し、支援するために愛と奉仕の精神で真摯に努力する、協調性ある学生を求めます。
  3. 将来、保育士、幼稚園教諭、小学校教諭、中学校教諭(英語)になることを望む学生を求めます。
(2)高校時代に学んでおくべきこと(高校時代の学習目標)
  1. 高校卒業レベルの知識と社会常識
  2. 人間関係におけるコミュニケーション能力

カリキュラム・ポリシー
[教育課程編成・実施の方針 ]

子ども教育学科のディプロマ・ポリシーを達成するために、保育士、幼稚園教諭、小学校教諭、および中学校教諭(英語)の養成を目的とするカリキュラムを以下のように編成する。

幼児教育コース

(1)内容

保育士・幼稚園教諭の資格・免許取得のために、専門職としての知識や技能を育成する専門科目を設ける。専門科目には学科基礎科目、教職基礎科目、指導法科目、実践・実習科目、保育科目、発展科目を置き、基礎的な専門内容の学修を卒業時までに深化・応用・発展させる。上記の資格の他に、レクリエーション・インストラクター、認定絵本士資格の取得を可能にする。また同時に、一般教養の科目で幅広い知識や教養、国際感覚を養う。特に幼児英語教育に対応できる英語力と心理学に力を入れる。

(2)方法

基礎科目の学修と関連づけながら、免許・資格の取得に必要な科目の内容を講義・演習・実習を通じて学ぶ。特に実習科目では、観察実習、事前事後指導、実際の実習を通して、現場での適応性を高め、より実践的な力を育成する。また、海外研修や学外でのボランティア体験で実践経験を積み、能動的に学修する機会を持つ。

(3)評価

学部共通科目および専門科目等、全ての科目について、到達目標に基づいて適切に学んだ学生の知識・技能の能力を総合的に評価する。

学校教育コース

(1)内容

小学校教諭および中学校教諭(英語)の資格取得のために、専門職としても知識や技能を育成する専門科目を設ける。専門科目には学科基礎科目、教職基礎科目、指導法科目、実践・実習科目、教科関連科目、発展科目を置き、基礎的な専門内容の学修を卒業までに深化・応用・発展させる。また同時に、一般教養の科目で幅広い教養や知識、国際感覚を養う。特に心理学に力を入れ、児童・生徒の様々な問題に対応できる知識・技能を育成する。また、小学校・中学校における英語教育の専門職として実践力に重点を置いたカリキュラムを提供する。

(2)方法

基礎科目の学修と関連づけながら、教職資格取得に必要な科目の内容を講義・演習・実習を通じて学ぶ。特に実習科目では、観察実習、事前事後指導、実際の実習を通じて、現場での適応性を高め、より実践的な力を育成する。また、海外研修や学外でのボランティア体験で実践経験を積み、能動的に学修する機会を持つ。

(3)評価

学部共通科目および専門科目等、全ての科目について、到達目標に基づいて適切に学んだ学生の知識・技能の能力を総合的に評価する。

ディプロマ・ポリシー
[卒業認定・学位授与の方針 ]

幼児教育コース

  1. 保育・幼児教育に関する専門領域の学修を通じて、人間科学としての保育学・幼児教育学の基礎を身につけている。
  2. 保育士・幼稚園教諭を目指す学生は、子どもの成長・発達を支援する専門職として必要な知識・技能を身につけている。また、グローバルな視点を持ち、幼児英語教育に対応できる英語力を身につけている。
  3. 社会人として必要なコミュニケーション能力、および職業人として必要な使命感や責任感を身につけ、実践できる能力がある。
  4. 保育者・幼児教育者の資質として必要な、子どもへの豊かな愛情とヒューマニズムの精神を身につけ、それを発揮する力を備えている。

学校教育コース

  1. 教育に関する様々な専門領域の学修を通して、人間科学としての教育学の基礎を身につけている。
  2. 小学校教諭・中学校教諭(英語)を目指す学生は、児童・生徒の成長・発達を支援する専門職として必要な知識・技能を身につけている。特に現代社会で不可欠なグローバルな視点を持ち、教育に携わる立場として十分な英語力を備えている。
  3. 社会人として必要なコミュニケーション能力、および職業人として必要な使命感や責任感を身につけ、実践できる能力がある。
  4. 教育者の資質として必要な、子どもへの豊かな愛情とヒューマニズムの精神を身につけ、それを発揮する力を備えている。